人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2004年 10月 14日
「社会一般の情勢」
5日の「はぎしり」の続きである...

北大の札幌キャンパス過半数代表者は,寒冷地手当削減の就業規則不利益変更に対して,20日までに意見書を提出することを決めた.

大学側の削減理由の説明は,大学法人法が独立行政法人通則法の非公務員型職員の給与条項「給与及び退職手当の支給の基準は,当該独立行政法人の業務の実績を考慮し,かつ,社会一般の情勢に適応したものとなるように定めなければならない.」を準用しており,北大としてはそこにある「社会一般の情勢」の判断材料として人事院勧告が含まれると考えるというものに尽きると思う.

法人化後,公務員で無くなった大学職員と大学法人の労使関係に基づく議論でなく,「社会一般の情勢」が北大職員の労働条件を決めるのだという主張は,未だに納得出来ない.

それにしても,今回の過半数代表候補者の対応も,私にはどうにも理解出来ない.
こんな状況では「意見書を書いてもむなしい」,「意味が無い」,「セレモニー化している」,「ガス抜きになっている」等々としながら,それでも『意見書を書いて,きちんと反対の意思表示をしておかなければ』ということで意見書を提出することになってしまった.それなら意見書を出すなという私の主張は出席者多数の賛同を得られなかった.

「社会一般の情勢」という得体の知れないものを相手にしなくてはならなくなる.

しかし,独立行政法人通則法が出来た時には何も思わなかったが,法律を作る人は良く考えていると実感した.公務員型の場合,
前項の給与の支給の基準は、一般職の職員の給与に関する法律(昭和二十五年法律第九十五号)の適用を受ける国家公務員の給与、民間企業の従業員の給与、当該特定独立行政法人の業務の実績及び中期計画の第三十条第二項第三号の人件費の見積りその他の事情を考慮して定められなければならない。
となっているのが,非公務員型では上にも書いたが,
前項の給与及び退職手当の支給の基準は、当該独立行政法人の業務の実績を考慮し、かつ、社会一般の情勢に適合したものとなるように定められなければならない。
となっている.「非公務員」だから後者のようにしか書けないのだろうが,今回の北大の対応でも分かるように,実質的には両者は何も変わらない(いや,違うというのだろうが,北大の中期目標・計画にはH19年導入を目指すとしている「新人事制度」の構築には,「公務員制度改革大綱」(平成13年12月25日閣議決定)に基づく改革の進展状況や私立大学における動向等を勘案しつつなどと書かれている.)

今回の寒冷地手当削減に関して,事務系職員代表がアンケートを実施している(回収率31.4%).「人事院勧告に従った支給方法でよい」が回答中58.2%で最も多かった.人事院勧告に従った給付方法で良いと回答した人の意見の中で3割くらいの人が「法人化となっても給与は国の税金を原資としており,独自に支給することは大学運営に支障をきたすこと,及び評価を受ける際不利となり得ない(ママ)ため,人事院勧告に則した支給方法をすべきである.」としているそうだ.一般職員でさえ,非公務員となった自らの労働条件よりも国の「評価」の方を気にするのが普通のようだ.

H13年に行政改革推進事務局から「公務員制度改革の大枠」が出たためにふっ飛んでしまったが,総務省の公務員制度調査会労使関係の在り方に関する検討グループでも,財源が国の税金であることは踏まえて,その上で労使間で労使自治に基づいて労働条件を決めることが必要であるという議論がさんざんなされていたのだが...

数年前の教員任期法の時に,ある人に「文部省は楽だ.適当に仕組みを作ってしまえば,あとは大学の方で勝手に圧力を感じてやってくれる」と言われたことを思い出した.
# by nobu_san | 2004-10-14 01:05 | 大学問題
2004年 10月 05日
「要請」
ただの「はぎしり」である...

北海道大学法人は,人事院勧告を根拠に今年度から寒冷地手当を削減する姿勢を崩さない.4月に国から独立した法人格を持った大学法人が,非公務員である教職員の就業規則の不利益変更を,予算とは無関係に年度途中で実施する合理的な根拠が人事院勧告であるという主張は「合理的」か?

個人的には,手当の「削減」よりも,むしろ手続きが不満である.大学法人の「非公務員」とはいったいどういう存在なのか.法人移行に際しては,新聞等でさんざん「独自の給与体系,人事システム導入による,より魅力的な大学」になるように宣伝されていたはずだと思う.北大の職員採用試験のホームページにある法人化Q&Aにもそう書いてある.ますます分からない.

9月10日の閣議決定「公務員の給与改定に関する取扱いについて」では,『4 独立行政法人(国立大学法人及び大学共同利用機関法人を含む。以下同じ。)の役職員の給与改定に当たっては、国家公務員の給与水準を十分考慮して適正な給与水準とするよう要請する。』と,「要請」されているだけだ.この閣議決定には4回「要請」が出てくるけど,要請って「何が言いたいか分かるだろ」という意味だったかも知れない.政治用語は良く分からない.

ちなみに,同閣議決定では,『独立行政法人についても、中期目標設定、評価等に当たって役職員数も含めた一層の事務運営の効率化を図る。特に、平成17年度末までに中期目標期間が終了する独立行政法人については、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2004」(平成16年6月4日閣議決定)等を踏まえ、中期目標期間の終了に伴う組織・業務全般の整理縮小、民営化等の検討を進める。さらに、特殊法人等についても厳しい定員削減を実施する。』となっている.上記の「以下同じ」はこの文章より後ろなので,ここの「独立行政法人」には「国立大学法人」は含まれない.たぶん...
# by nobu_san | 2004-10-05 23:01 | 大学問題
2004年 09月 27日
徹底検証 大学法人化
中井浩一氏の「徹底検証 大学法人化」を読んだ.おかげで,4月の法人化の裏にあった社会情勢をある程度整理することが出来た.

しかし,やはり,なぜ今年の4月に,こういう形で国立大学をドタバタと「法人化」してしまったのかはさっぱり分からない.結局それぞれ異なる立場にあり,多様な背景を持つ人々が,それぞれの思惑でデタラメに動いたために,全体としてはなにやら得体の知れない方向に流れてしまったという感じか.国立大学は,小泉流でとりあえず壊してしまえばなんとかなるという類いのものではないと思うだけに,納得出来る方向性が見えないことに大きな不満(不安)がある.

「徹底検証 大学法人化」の主役は,教育・研究である.大学は教育・研究のシステムとして論じられている.「公務員」の身分の議論も,教育公務員特例法との関係もあろうが,教育・研究者としての自覚問題として論じられている.しかし,有無を言わせず「非公務員」とされたことの不合理は,教員だけでなく職員の問題でもある.

私自身は教員である.決して好き好んではないが,法人化後の職員組合の役員として法人化を観る立場に置かれている.法人化前の国立大学には,学生のため,教育・研究を支えるため,大学をきちんと動かすために,不払い残業をしても頑張る職員も多く居たのである(もちろんいわゆるダメ公務員も居たが).法人化を契機に,それらの職員の働きが正当に評価され,より力の出るシステムにするような議論があっただろうか.実態は全く逆に見える.「時報」を見ると,大学の上層部では相変わらず中央との人事交流があり,その下のローテーション組もそのままだ.頑張っても決してそうした上層部に昇格する可能性の無い現場の職員は,法人化に対応するという新しい仕事も抱えてしまった.役員が(たぶん)まともに機能していないこともあろうし,彼ら自身にも上意下逹の公務員気質が抜けないために,気の毒にも我々労働組合と文科省の板挟みにもなることになってしまった.

私は10年くらい前に,教育・研究を支えている優秀な技官には教授よりも高い処遇をしたらどうかという提案をネット上で発言したことがある.法人化で出来るはずだったことは,例えばそういうことではないのか.欧米の主要な研究所等では自前の開発部隊を持っていて,そこからベンチャーも生まれている.しかし,法人大学の実態はこういう部門は出来るだけ統廃合し外注化しようという逆の方向に向かっているように見える.

前にも書いたが,4月以降,喜々として法人化に伴う業務に励んでいるような職員は誰一人居ないのではなかろうか.少なくとも教職員が元気にならないような大学のシステムに将来は無い.
# by nobu_san | 2004-09-27 22:34 | 大学問題
2004年 09月 25日
寒冷地手当
4月に「法人化」して教職員が「非公務員」となった北海道大学でも,寒冷地手当の削減が計画されている.人事院勧告を受けた閣議決定を根拠としているようだが,4月1日に有無を言わせず非公務員とされた教職員としては納得し難い.非公務員とされた後まで,なぜ人勧に厳密に従わないといけないのか.

今のご時世では,「手当」を既得権として守ろうとするのは難しいのかも知れない.しかし,特に今年度の場合は既に運営費交付金として相当額を大学がもらっているのではないのか.削減して余った分を何に使うのかも示さず就業規則の不利益変更をしてしまおうというのでは,仮にも法律の実務家養成のための法科大学院を開設したばかりの「大学」としても情けない.

今のところ北大は教職員の給与等については,完全に公務員準拠を目指しているようだ.「北大としてのポリシーは無いのか」というような意見もあるようだが,事務方は文科省と綿密に連絡をとっているようだから,それはそれで「ポリシー」はあるようにも思う.

国立大学法人の破綻を予言する人は多い.法人が破綻した時に元の国立大学に戻るとすれば,国家公務員と処遇を完全に擦り合わせておいて,破綻するまでじっと我慢していた方が良い....とか.
# by nobu_san | 2004-09-25 22:38 | 大学問題
2004年 09月 23日
常任理事国?
一ヶ月弱何も書かなかった.せっかく myblog japan に登録してもらったのに.

小泉首相が常任理事国入りを国連演説で強調したことが報じられている.これは何か書いとかなきゃ.どうせ同じような意見があちこちの blog に溢れるのだろうが...

報じられているものを素直にみる限りでは,「安保理の常任理事国に入ること」そのものが目的になっていて,それでどうするのということが私のような素人には分からない.同じように常任理事国入りを目指すインド,ブラジル,ドイツとの連携は見せたが,例えばアジア諸国に担いでもらうような努力は全くみられない.

もしかしたら,常任理事国入りも,本当は目指しているわけではないのではないか.「改憲議論とは関係ない」と言われても,現時点で常任理事国入りの可能性があるとも思えないし,ならば改憲のための理由作りだけが目的ではないのかと思う方が自然なのでは?

イラク派兵時の論理と同じだが,「平和に向けたグローバル(世界的)な貢献は、平和と繁栄に向けて尽力する国際社会において、名誉ある地位を占めたいと考える日本国民」といった憲法前文を連想させる内容があるのも皮肉か.

ーーーーーー
うちの学長も私の新聞投書活動やこの「日記のようなもの」のことをご存知のようだ.これはあまりぼけたことを書けないなと思う...という訳では実はなくて,原稿書きや講演の準備等で忙しく,夜中にちょと書き込む元気がなかったのが実情.大して業績の無い私にいろいろ仕事を回さないで欲しい.
# by nobu_san | 2004-09-23 22:46 | 気になること