<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2011年 04月 27日
子供の被ばく線量制限の緩和問題(追加)
22日にここに書いた「子供の被ばく線量制限の緩和問題」ですが,テレ朝ニュースで,国際医師団体「社会的責任を果たす医師の会」元会長アイラ・ヘルファンド博士が,文科省が子供の許容被ばく線量の許容値を20mSv/年に引き上げたことに疑問を伸べています.
[PR]
by nobu_san | 2011-04-27 18:03 | 憲法・平和
2011年 04月 22日
子供の被ばく線量制限の緩和問題
文部科学省が児童の放射線許容量を年間20mSvとする安全基準を出したことに関して,21日にあった「交渉」の様子の情報をJSA愛知のMLでもらいました.

YouTubeのビデオ画像もここで見られます.他にもたくさんのblog等でも紹介されているようです.

放射線作業従事者(男)で50mSv/年ですよね.普段我々の居る管理区域の規制値(境界で1.3mSv/3月)からしても,低くはないですねえ.20mSv/年は普通の労働者だと10μSv/時くらいでしょうか.
ちなみに20mSv/年は1990年のICRP勧告では,原発労働者が白血病になった際に労災認定されるレベルとのことです…ちゃんと調べてないけど…もしそうなら要は健康に問題があったら放射線被ばくが原因だとして補償してもらえるレベルだということですよね…

しかし,今,この時期に,なぜそんな「仕事」の仕方をしないといけないのでしょう…なぜ文科省が規制値を上げて,子供達も「大丈夫です」って認めないといけないのでしょう.「福島県から要請があった」と言っているけど…どうしようにも仕方がないから,じゃあ規制値の方を引き上げて「問題が無いこと」にしてしまおうという発想(と思えますよね)は,ちょっとどうかなと思います.数字の方をいきなり20倍も引き上げて「大丈夫だ」としたら,そりゃあ怒るに決ってます.数値を上げて「大丈夫」としてしまうことは,全く責任のない福島の児童に,リスクを負えと言ってしまっている,そういうことだということに,なぜ気が付かないのでしょうか.

今,なぜ児童の許容線量の「数値」の方を急いで修正しないといけないのかが,私には理解できません.事実として多数の児童がそういう環境になる状態が現に在り,違法状態が大量に発生することを「国」は放置しておけない(逆に放置しておけるようにするには…)というだけの論理ではないでしょうか…20mSv以下の学校に帰って来ない児童は「自己都合」だってことにするのかな…いじるのは数字の方ではなくて,該当する児童の方をどうするのかを考えることの方が国・文科省の本来の「仕事」のように思います.とても大変でしょうけど.

しかも,このビデオに出て来る「担当者」の答弁はどうしようもないです.20mSvの意味や,この決定に対する内閣府原子力安全委員会の関与等,どういう経緯でこの数値にしたのかも全く説明が出来ていないで,かなり悲しくなります…



補足:20mSv/年は,ICRPが事故復旧時に住民が住み続ける場合の制限値として「年間の被ばく量を多くても1mSvから20mSvまでにとどめるべき」としている上限値なんですねえ…
しかし,上のYouTubeのビデオ画像では,なぜ担当者がそういう説明(それで良いかは別にして)をしないで,いい加減な回答をしてしまうのでしょうか…安易にどこかから上限の「数字」をもらって来るからですね…
[PR]
by nobu_san | 2011-04-22 10:18 | 憲法・平和
2011年 04月 08日
公務員庁の疑問
人事院を廃止して公務員庁にするということについて一昨日書いたけど,色々と疑問が(準じているだけで公務員じゃないので関係ないけど)…

「資料」はみつけた.誰か,国家公務員制度改革推進本部の,

国家公務員制度改革基本法等に基づく改革の「全体像」について
(平成23年4月5日国家公務員制度改革推進本部決定)(概要本文

を分析して講義してくれないかな…(国交労連とかでは「学習会」やってるのかな?)…

ざっと見た「概要」のポンチ絵では,政府全体で統一的に決める俸給月額等は「公務員庁」と交渉,各府省ごとに決める勤務時間の割り振り等は「各府省」と交渉となっている.ややこしいな…団交のたらい回しの予感が…

世間のblog等では,こんなことで「公務員改革」が進められるのかという趣旨の議論の方が多いような気がする.

でも,一般の末端公務員から見たら,むしろ逆で,労働三権の代替措置としての人事院が「本来」なら担っていたはずの機能が,実際には公務員庁との形式「団交」という誤魔化しで失われてしまう,つまり状況は悪くなるだけではないかな…公務員庁のことを「第三者機関」と書いているものもあり,かなり怪しい.
元々の発想は,(一応民間の給与水準を反映している)人勧以上に公務員の給与を削減するには,どうすればいいかというのだったずだし…怪しい…これで公務員のモラルやモチベーションがさらに下って,「公務員改革」に失敗するということを心配した方がいいのでは?

うちの近くの某地方政党といい,公務員を叩いとけばとりあえず人気が出るのは困ったものだ.まあ,この春までうちの事務室に居た人も,某先生の期待に反して一年間何もしないでただ毎日一日中じっと座っていただけ(それはそれで普通なら苦痛だと思うからすごい?)で無事に他大学に転出して行ってしまったから,なんとも言い難いところもあるけど…
[PR]
by nobu_san | 2011-04-08 14:04 | 気になること
2011年 04月 06日
公務員に労使交渉権?
人事院が廃止され,公務員に労使交渉権が与えられて交渉の政府側窓口として公務員庁が設置されるらしい.(例えば時事通信)

不勉強で制度がどういうものになるのか理解出来ていない(どこに情報があるんだろう?)が,人事院勧告が無くなって様々な省庁や機関がそれぞれ個別に交渉することになるのだとすると,我が大学はいったいどうやって教職員の給与水準を評価するのだろうか.錦の御旗として何よりも有り難く珍重して来た人勧が無くなってしまう…

あ,「本庁」の給与水準よりちょっと下の出先機関の給与水準にしておけばいいだけだから,何も心配することはないのか.いやいや,組合との団交で,これまでのように「人勧に従わないと国民の理解が得られない」という伝家の宝刀は使えなくなるから,組合と真面目に交渉するのは結構大変になってしまうのじゃないかな.まあ,私が心配する必要もない余計なお世話だな…組合の方にもそんな元気のあるところは,そうは多くないだろうし…

「法人化」後も,実際には教職員の給与を決定する当事者能力のない「大学」と,真面目にさんざん団交をやって来た馬鹿な私が抱くもう一つの疑問は,この「公務員庁」が経営者側としての団交当事者能力・権限が本当にある組織になるんだろうか,ということかな.実際には後ろには財務省が控えているだろうし,「交渉」で公務員の給与を上下させることが出来る強力な権限を持った組織に出来るのだろうか…ただの交渉「窓口」で,いくら「交渉」してみても決定権は実はそこには無い,なあんてのが落ちじゃあないんだろうか…まあ,公務員は「労働法」には縛られないから,そんなのはどうでもいいことか…

しかし,こんな制度いじりしているような場合か…
[PR]
by nobu_san | 2011-04-06 00:16 | 気になること