<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2010年 06月 26日
「博士課程修了者の就職難」の政府答弁書
日本共産党の宮本岳志衆院議員が提出した,「大学院博士課程修了者の就職確保と研究条件改善に関する質問主意書」の政府答弁書が「国民の立場で大学改革を」に掲載されている.

若手の職が無いのは大学の予算削減の影響だと国民から指摘されていることは認めているが,「高学歴ワーキングプア」って何のことか政府は分らないらしい.

ところで,参院選の公示に先駆け,先日,全教職員宛メールで,国立大学法人の大学教員は国家公務員に準じて政治活動を制限されていることを周知する注意喚起のメールが来た.参院選公示後の現在,大学職員としてはこんなことをblogに書いていたらヤバいのかな?
[PR]
by nobu_san | 2010-06-26 22:55 | 大学問題
2010年 06月 15日
宮本議員の質問主意書
政府は,世界で活躍できる博士号取得者を質・量ともに充実させる必要があるとする2010年版科学技術白書を閣議決定したそうだ.白書の内容は確認出来ていないが共同の報道からの印象では「分析」結果からどうしようとしているのかはナゾかも.

一方.赤旗によると,日本共産党の宮本岳志衆院議員が,「大学院博士課程修了者の就職確保と研究条件改善に関する質問主意書」を提出している.
[PR]
by nobu_san | 2010-06-15 23:19 | 大学問題
2010年 06月 13日
国研究費3千万円超の研究者に出前授業義務付け
総合科学技術会議が国研究費3千万円超の研究者に出前授業義務付けする方針を決めたらしい.該当する研究者は約3,500人らしい.

事業仕分けでの批判を受けての対応のようで,科学者・研究者と一般の人とのコミュニケーションを促進しようというのは悪くないとは思うが,年間3千万円以上の研究費を獲得する研究者全員に一律義務化するというのはどうかなとも思う.まずは,なぜ「金額」なのか.(まあ,とてもそんなに稼げない僻みかも).

出前授業などの活動実績をプロジェクトの中間評価や事後評価の対象にする,というのもどうかと思う.ちゃんとした一般向の講演をするには,大型研究費を獲得するのとは全く別の能力とそれなりの努力が必要だと思う.前所属大学のCOE関係で企画された市民講座で,ある先生と2人で講演したことがあるが,相棒の先生の講演内容は,かなり専門的で私にも難しいものだった.また,某研究所の大物教授が地元の中学校で出前授業したのに使ったというパワーポイントを見せてもらったことがあるが,内容は結局は自分の研究の宣伝で,中学生にこんな話をしたのかという感じだった.

「研究者の負担を軽減するため、大学や研究機関には、地域との連携などの支援体制を取るよう求める。」というが,講演者は「該当する研究者」のようだ.有名な先生が来て,なにやら訳の分らない話をして行った,というのを期待しているのではないだろう.それとも「評価」には聴講者へのアンケート結果を使うのだろうか.

「評価」のためにしぶしぶ準備した「出前授業」を聞かされる中学生が,その授業で「最先端」の科学に魅力を感じ,「すそ野を広げ」ることに繋がっていくのだろうか...

もしも義務化しないとやらないだろうという議論なら,まさに私の心配している通りだと思うが,どうだろうか.
[PR]
by nobu_san | 2010-06-13 14:54 | 研究関係
2010年 06月 07日
京都大学理学部支援の要請に思う
昨日の朝日新聞のニュースに京大理学部SOS「このままでは教員削減」寄付募集中というのがあった.

詳細は京大理学部のホームページに理学への支援のお願いとして掲載されているのでそちらをご覧いただきたいが,かなり乱暴に要約すると「国からの交付金は削減が続いている.理学部が目指す研究では短期的な成果を問われる競争的資金の獲得に奔走するのは本旨に反するし得意ではない.だから皆様の善意の援助を」かな.

国立大学法人化の「反対者」であったひねくれ者の私がひっかかるのは,本来,社会的共通資本であるはずの国立大学の整備運営を「国」が放棄しようとしている時に,それならと国民に税金とは別に個別に直接の負担をお願いするようなものなのか,ということ.

京大なら全国展開でこういうことが出来るのかも知れないが,地方の中小国立大学は同じことは出来ないだろう.危機感を持つのは良いのだと思うが,「国立大学」の中での京大の地位から考えると,それは自分のところをなんとかするための寄付集めに向うのではなく,国立大学全体のありようを考えた上での「国」への働き掛けになるべきではないのか.

部局のホームページに掲載されているということは,教授会でも議論があったのだろうか.そこではどういう議論があったのだろう.いや,今や事後報告とその了承機関となった教授会ではそんなことは議論されないのかも知れない.

うちの大学も基金集めをやっている...
[PR]
by nobu_san | 2010-06-07 19:16 | 大学問題