<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2009年 11月 28日
国家という名の「個人」
カーン・ロスの「独立外交官」を読んでいました.

大学やその背後にある「国」と争うようになってから,ずっと「『大学』や『国』とは結局は,その問題の担当者『個人』のことだ」と思っていましたが,この本でカーン・ロスも.外交舞台での「国」は結局は,その問題を担当している官僚個人のことだと書いています.例えば,

イギリスの立場は --- といっても実際には数人の閣僚と上級官僚の立場にすぎないものを,...(p47)

とかです.
このところ話題の「仕分け」作業のあり方の疑問とも関連して,この本で著者が書いていることで面白いのは,外交問題そのものよりも,

いったいどうやって,ある一グループの人間が,国家の求めることを決める(ときには勝手に生み出す)権利を与えられるのか.(p109)

というような,特定のグループや個人が「国」や「大学」といった"組織そのもの"になってしまうメカニズムでしょうか.

同じような概念で「国民」というのもあります.特に法人化後の大学と争うときに大学側(この「大学」っていうのも問題ですが)から良く出て来るのは「国民の理解が得られない」という回答です.ではこの「国民」って何のことだろうと考えてみると,真の「国民」にはそこで争われている当の問題の情報なんか決っして届かない(あるいは仮に報道されてもおそらくはそんなに関心も持たれない)ので,実際には「国民」とは単に財務省の"若い"担当官だったりするわけです."若い"担当官は「『国民』の意識を忖度している」というのでしょうが...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-28 00:24 | 憲法・平和
2009年 11月 26日
Natureの記事(その2)
また Nature がDemocratic fallacyというタイトルで,「仕分け」を取り上げています.

Before deciding how much weight to give these recommendations, however, the finance ministry should consider some major flaws in the process.

だし,結びは

But, as currently posed, the recommendations risk being the final word in a decision-making process that could have disastrous repercussions for decades to come.

です.

そういえば,この記事の囲み部分には,

If the public is to evaluate scientists' way of doing things, then scientists should be given a chance to defend themselves.

と書かれています.この後ろの"scientists"ってのは誰のことかな...昨日の
ノーベル賞とフィールズ賞の先生がずらっと並んだ絵を見て,そして,それと今朝の赤旗の「教職員減らすな:仏でデモ」と「公共部門25万人スト:アイルランド」の記事(ネット上にはちょっと発見出来ず)を見ていて,「偉い先生が反対してくれた,良く言ってくれた」と喜んでいる我々はどうなんだろうと思いました...やはり,私はヘソ曲り...(下記注に「自己分析?」あり)

ねえ,でも,
「仕分け作業そのものを否定するような意見はするな」っていううちの部局の指示はやっぱり変でしょ...


(注:ヘソ曲がり状況の自己分析)
国立大学法人化の時に,このズラっと並んだノーベル賞の先生のうちのある方に,「ノーベル賞受賞者として法人化反対の表明をして下さい」というお願いのメールを出したことがある(もちろん反対記者会見などしてもらえず)ので,上の"どうなんだろう"は,単に,その時は何も発言してくれなかったのに,分り易い「お金」なら反対するのか,という若干の恨み言もあるかも...
「意見公告の会」とかいろいろあったし,私は国会前の反対座り込みにも参加したこともあるけど,そんなのはせいぜい2,30人くらいの規模で「運動」としては盛り上がらず,激励に出て来た当時の民主党の議員からも「なんで大学人は自分たちで行動しないんだ」と叱られていました.この議員も結局は文教委員会では「賛成」したんだけどね...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-26 12:51 | 大学問題
2009年 11月 25日
国立大学法人運営費交付金の「仕分け作業」のビデオ
会議があったので,行政刷新会議のライブ中継サイトでは見られなかったのですが,国立大学法人運営費交付金の「仕分け作業」のビデオは,USTREAMで見られます.

見たあとで何かコメントするかも知れないけど,とりあえず...


USTREAMをざっと見ました.

まず,例によってヘソ曲がりとしての一番目のコメントは,「国立大学法人」なのに「独法」「独法」と何度も何度も間違っていてうるさいですねえ.一般の評価委員だけでなく,法律を作った当事者のはずの国会議員も連発していて呆れます.文科省の担当者も,「独法じゃありません.そんな基本的なことも分らないで評価するんですか」と最初に指摘しなさいよ...

asahi.comは「国立大運営費に厳しい指摘」なんて書いていますが,だいたいは発散した議論に終始しています.まともな検討作業になっていないですが,評価は15名全員が「見直し」にしています.まあ何か作業をやれば「見直せ」というくらいのことにはなるでしょう.ちなみに,枝野さんは最後の評価では「教育・研究に必要なお金はしっかり整備すべき」とまとめています.(たぶん文科省の?)政務官にも念を押していました.また,「大きくはそもそも独法化したことが良かったのかどうか」とも言っていますが,民主党は,もともとは「民営化論」だったはずなので真意は分りません...

最初の方にあった,平等に各大学に配分される運営費交付金を毎年引下げると,競争的資金を取って来れる大規模大学ばかりが発展して,そうでない小規模大学は廃れるだろうという視点はいいけど,じゃあどうしろということかな.文科省はそれこそ「収益率」に反比例するような配分を検討すれば良いのだろうか.一律に「削る」から問題が起っているんだ,という視点が正しいのだと思うが...

「厳しい指摘」として一番面白かったのは,枝野さんが,「旧本庁人事」の事務局長が理事として「天下り」しているじゃないか,という突っ込みをしつこくやっていたことかな.「せっかく『独法』にしたのに」というのはいただけませんが...

人事院勧告との関係も,文科省側がラスパイレスを持ち出して,大学の給与は「公務員時代から公務員平均より低い」と言っていますねえ.でも各大学は今年も人事院勧告に素直に従って給与を引き下げているんです.「人事院勧告は『社会一般の情勢』だから止むを得ない」って...

中村さんも,お金のことだけではなく理念から先に議論しないと意味がないと指摘しています.何がやりたかったのか,良く分らない「仕分け」作業でした.


そういえば,私の所属部局からの指示は,「仕分け作業そのものを否定するような意見はするな」だったから,こんなコメントを書いちゃあ叱られるだろうなあ...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-25 16:23 | 大学問題
2009年 11月 22日
結局は政治判断とは?
NHKの日曜討論で,菅さんが,結局は政治判断って言っていますね.

NHKのホームページでは「次世代スーパーコンピューターの開発」ってなっているけど,「スーパーコンピューター」を言ったのは司会者で,菅さんの発言は「科学技術については」でした.

さて,国立大学法人の運営費交付金の「仕分け」はこれからですが,どうするのかな?
「スーパーコンピューター」なんかよりも,より一層ややこしい,しかも国の将来の根幹にかかわる問題ですが...

「脱官僚依存」とか言っていながら,結局財務官僚に仕分け対象を選択させて,こんなことになっているのかな?
でも,こういう騒ぎになりそうなことは「優秀な官僚」には分りそうなもんだから,これには深い読みがあるのかなあ...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-22 17:46 | 大学問題
2009年 11月 21日
学会等の反応
行政刷新会議による事業仕分け結果について,いろんな学会(長)が「意見」を出しています.(国立大学法人法首都圏ネットワーク情報)

1.日本地球惑星科学連合

2.生物学関連9学会長

(社)日本植物学会会長・日本発生生物学会会長・日本生態学会会長・日本植物生理学会会長・日本藻類学会会長・(社)日本薬学会会頭・特定非営利活動法人 日本分子生物学会理事長・(社)日本生化学会会長

3.日本地質学会長

生物学関連9学会長の意見なんて,どなたが最初の叩き台を書かれたのか分りませんが,非常に良く出来ていると思います.そこにも書かれていますが,事業仕分けの問題点の一つは,各事業について,これまでに丹念に積み上げられてきた議論を一切無視して,収益性といった投資効果だけの単純な論点でバッサリやっていることでしょう.(事業によっては,もちろん屁理屈の議論による理屈付けもあったのでしょうが.)
いろんなメールでの情報では,科学技術に関する予算のこうした極めて短時間の単純な議論での「評価」は,諸外国には理解し難いようです.


以下,完全に脱線の余談.

ひねくれ者の「感想」は,なぜ法人化のときにはこのような対応をやらなかったのでしょうかです.やっぱり「お金」は直接的で分り易いですかねえ...

なんども同じことばかり書いてすみませんが,ある学会の評議員会で法人化反対の決議声明をお願いした時,ある先生にえらい剣幕で叱られたことをいまだに根に持っています.結局,2005年成立の行政改革推進法に国立大学「法人」も組み込まれてしまいました.有馬さんの「止むを得ない」論も,同様の認識で「対応」に腐心された諸先生方の判断は正しくはなかったのでは.来週は,国立大学「法人」の運営費交付金も事業仕分けの俎上に載せられます.最近の論調はちょっと違うようですが,民主党は,一つ前のマニフェストには「私学化」を明記していました...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-21 14:15 | 大学問題
2009年 11月 21日
事業仕分けその後
Scienceにも記事が出ましたねえ.

"scientists are extremely disappointed,"

というより,呆れかえっている感じではないかと思いますが...


こんなことを書くと,また叱られると思いますが,所属学部の構成員へのメールでも文科省,総務省のパブリックコメントへの意見送付の依頼が来ていますが,その注意事項が面白いです...

なお、意見の提出に当たっては、以下の【注意事項】にご留意願います。
【注意事項】
 1.仕分け作業そのものを否定するような意見は避けて下さい。
(以下略)

というものですが,これは誰の指示ですかねえ.あまりにも「官僚」的発想ではないでしょうか?
進行中の「仕分け作業」は,やはり批判されるべきではないかと,私は思いますけど...

まあ,某学会の,おっかない先生の意見も「批判するな」だったので,それが「大人」の対応なんでしょうねえ.
私のような単純な思考しか出来ない人間には慮ることの出来ない領域です...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-21 00:11 | 大学問題
2009年 11月 19日
内閣府の意見招請
期間が「平成21年11月17日(火)~24日(火)」の一週間だなんて,なんだかな,と思いますが,内閣府の意見招請は,ここです.

文科省の事業項目の6番目には「科学研究費補助金」もあります.

これを「『重要』とアピールしましょう」っていうのは,おそらく誰も反対がないのではないでしょうか.

くどいですが,24日12時が締切です.お忙しいようでしたら,連休にでもどうぞ.どうせ「統計」処理されるだけでしょうから,「増やせ」の一言でもいいのでは...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-19 14:41 | 大学問題
2009年 11月 18日
Natureの記事
さっそく Nature が,Japanese science faces deep cuts という記事を掲載していますね.

Scientists are reacting with frustration and, in some cases, apocalyptic predictions. One prominent crystallographer, who requested anonymity, told Nature: "If this goes on, Japanese scientists, including young scientists, will flow overseas, and Japanese science will die."

とか."apocalyptic predictions"...某学会は「慎重な対応」...

In August, Hatoyama told Nature that he would nonetheless increase support for science

だったけど,

Asked whether the proposed cuts contradict earlier pledges to increase scientific funding, or whether increases in funding to other fields will offset these proposed cuts, a representative for Hatoyama said that these issues were "under discussion".

な感じ.

まあ"Nature"には選挙権は無いから,関係ないかも...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-18 12:11 | 大学問題
2009年 11月 18日
学会等の反応
「事業仕分け」について,標的になった事業に関係する学会等では,16日の所に紹介してあるパブコメに「みんなでたくさん意見を書きましょう」というのがメールリストで流れたり,「対応」が議論されていて面白い.(なんて書くと,また叱られるか...)

某学会では,文科大臣に「要望書」を出そうというのが議論されている.

昨晩「慎重な考慮」を求める文案が流れたので,「そんなんではなくスパっと『反対』,『おかしい』と書いたら」,とメールを出そうと思って書こうとしていたら,あるおっかない先生から「現時点ではあまり非難しない方が得策」というメールが流れた.

私は単純なので「反対なものは反対」なのだが,慎重論には勝てた試しが無いので,私のメールを送信する機会を失なった...

# 法人化の時も同じ...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-18 10:29 | 大学問題
2009年 11月 16日
文科省の「反応」
文科省が「事業仕分け」についてのご意見募集をしていますね...

締切は"予算編成にいたる12月15日まで"だそうです.


意見の統計数による「圧力」として意味があるのは,11月19日あたりまでだそうです...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-16 22:54 | 大学問題