<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 02月 28日
京都大学時間雇用職員組合のストライキ
京都大学時間雇用職員組合が無期限のストライキをやっている.入試に合せて実行しているのはうまい.


ついでに,山井和則衆議院議員(民主党・京都6区)の国立大学の「雇い止め」に関する質問趣意書と,政府答弁書
[PR]
by nobu_san | 2009-02-28 22:45 | 大学問題
2009年 02月 27日
大学教員の社会性
たしかちょっと前の赤旗に紹介されていたのを見て買ったのだったと思うが,仲築間卓蔵の「いまなぜ メディアを読み解く」(かもがわ出版)を読んだ.テレビを中心にマスコミの報道の仕方の問題点を元プロデューサーの視点で議論していて非常におもしろかった.

氏は元日本テレビ労組委員長ということで,組合的な観点からの議論も多く,久々にビラ配りに参加した私としては,ちょっと「活動」してみたくなったリもした.「六日のあやめ,十日の菊」など,問題がほぼ確定しないと「反対」しない組合(全大教は特に?)を煽るのに使えるな,とか...

そんな折,所属専攻の博士論文の公聴会で,ある先生に会って話をしていたら,その先生は新聞を購読しておらずテレビでも見なければ世の中のことは何も分らないという.今時,世事に疎い大学人の方が実は貴重種かも知れないが,上記の本でマスコミ、特にテレビの報道の問題点を色々読んだばかりでもあり,理論系の特定分野の大学教員とはいえ,そんなことで大丈夫なのか気になった.
[PR]
by nobu_san | 2009-02-27 00:03 | 憲法・平和
2009年 02月 16日
契約職員の「雇い止め」
最近の派遣切り報道に乗っかって,国立大学法人の契約職員の「雇い止め」も結構報道されていて面白い.

この問題は,実際のところは,法人化の際に公務員時代の日々雇用の定員外職員を,ろくに何も考えずに「ソフトランディング」と称して3年(その後5年になっている大学もあり)の契約更新期限を付けたものの期限が来ただけの話だ.雇用者である大学側の不幸は,「法人化」があったために個々の職員の更新期間がリセットされてしまい,まとまった人数が一度に「期限」になってしまったので非常に目立ってしまったことだろう.

しかし,「平時」なら,中國新聞で報じられている岡山大学のように,「業務は新たに雇用する非常勤職員が引き継ぐ」という感じで,各大学とも「規則」だとして何ごともなかったかのように「雇い止め」をしたのだろう.組合が契約職員の意味のない入れ替わりが大学の教育・研究活動の障害となっていることをさんざん主張しても気にもしなかっただろう.(この岡大の担当「官」も労働法の精神を全く理解しないし,この時期にKY(死語か)で結構面白いが.)

だが,たまたま急速な不景気による派遣切りと重なって,大学の意図と無関係に社会の注目を浴びることとなった.

鳥取大の人事課は「社会情勢をかんがみ、特別な取り扱いを検討中」らしいし,山梨日日新聞が報じている山梨大学のように,大学によっては「優秀な人でも勤務が3年間に限定され,組織の職務遂行能力が維持できない」などと積極的に見直し発言をしているところまであるのは非常に面白い.

さて,うちの大学はどうするのかな...
[PR]
by nobu_san | 2009-02-16 20:14 | 大学問題
2009年 02月 12日
ひさしぶりのビラ配り
随分と久し振りだが,組合のビラ配りに参加した.所属部局の組合メールリストで,団交のやり方に文句をつけたついでに「ビラくらい配ったら」と煽っておいたので,ビラ配りの動員メールを無視する訳にもいかず...それがきっかけになったのかどうかは訊いてみていないけど...

しかし,「活動」は,現在の職場に移ってからは,初めてだ.

ビラは,パート職員の「5年」期限問題.もと居た研究室の秘書さんの「打ち切り」の時に,実は大学と争ってみたかった問題.うちの組合は,今後どうするのかな.
[PR]
by nobu_san | 2009-02-12 23:06 | 大学問題