<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2008年 10月 23日
科研費申請サーバー
学振の科研費の電子申請のサーバーが混雑していて繋がらない.曰く,

10月 20日(月)以降、各研究機関内締切等の影響によりアクセス集中が頻発しており、システムへの通信が不安定になることがあります。システム操作時に通信切断が頻発する場合、しばらく時間をおいてから再度ログインしていただくなど皆様のご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。なお、9時以前もしくは19時以降は比較的つながりやすい時間帯となっております。

我が事務による申請書不備の「事前チェック」の締切も,再三延長され,ついに最終締切が27日の12時になった.(ほとんど意味のない「書類不備」で科研費申請書を審査しないのもどうかと思うので,そんなの(事前チェック)が必要なのか,かなり疑問だが).

まだ,申請そのものの締切ではないので,もしかしたら全国的に,この事務方の「事前チェック」がされていて,そのためにサーバーが混雑しているのだろうか.

科研費は「競争的資金」の代表格だし,申請しないだけでもペナルティが付く大学もあるようだから,殺到するのは「想定内」だろうに.

しかし,全国の大学で多くの教員が「繋らない!」と言いつつPCの前で無駄に時間を使っているかと思うとかなり馬鹿げている.
[PR]
by nobu_san | 2008-10-23 09:52 | 研究関係
2008年 10月 11日
The Misused Impact Factor
「評価」に関連して,たまたま今週の Science にThe Misused Impact Factorという記事がある.

Hiring, faculty-promoting, and grantawarding committees can use a journal’s impact factor as a convenient shortcut to rate a paper without reading it.
...
There are no numerical shortcuts for evaluating research quality.
...
However, unless publishers, scientists, and institutions make serious efforts to change how the impact of each individual scientist’s work is determined, the scientific community will be doomed to live by the numerically driven motto, “survival by your impact factors.”

昨日書いた「個人評価のための仕組み」にも,もしかしたら,どこかの大学ではインパクトファクターが使われたりしていないのかな.私の旧職でのCOEの申請関係か何かで,自分の論文のインパクトファクターを全部調べさせられたことがある.

著作権的には,ちょっと引用しずぎかも.大丈夫かなあ.


12日追記:JanJanに日本人ノーベル賞受賞に見る日本の大学の研究環境の悪さという記事あり.
[PR]
by nobu_san | 2008-10-11 19:17 | 大学問題
2008年 10月 10日
効率化は順調に進む?
私の周辺にはノーベル賞に浮かれている雰囲気は全然ない.

時事通信出版局の昨日の最新の教育ニュースによると,国立大学法人評価委員会の大学評価は,

一方、30校と2機関は、教職員の個人評価を給与などに反映させる仕組みを導入済み。評価委は「運営効率化は基本的には順調に進んでいる」とした。

ということだそうだ.

はて,いったいどのような「仕組み」が検討されているのか興味深い.一方で首相や文科大臣までがノーベル賞に妙に浮かれつつも,なぜか大学の締め付けは進む.変な国だ.

まあ,「賞」を狙わ(狙え)ないような人間は「大学」には不要ということかも...
[PR]
by nobu_san | 2008-10-10 19:12 | 大学問題
2008年 10月 08日
ノーベル賞受賞インタビュー
テレビで,小林さんと益川さんのインタビューを見ていて,日本の大学の物理学のレベルみたいなのを訊かれていたので,「理論物理なんてやっていても良かったのは,法人化される前の大学の話ですよ」とか言ってくれないかなあとぶつぶつ言って,その後さらに麻生首相と電話で会話していたので,「よし.そこで,大学にちゃんと金を出せと言うんだ!」と叫んでいたら,横で見ていた連れ合いが,なにを言っているのやら,という顔で顕れていた.

国中が見ていて,チャンスだったのに...

粘菌の中垣さんが「大学には金がない.人がない」と言うのもちょっと似合わないし...

まあ,人の褌で相撲を取ろうというのが間違いか.


連続更新.画期的!
[PR]
by nobu_san | 2008-10-08 12:40 | 大学問題
2008年 10月 06日
留学生30万人計画
なんとも一ヶ月以上ぶりの更新...

読売新聞が,今日の社説に,「留学生政策 30万人受け入れへ議論深めよ」というのを掲載したらしい.

留学生の受け入れ人数は,生き残りに国際化が必須の大学の魅力を示すバロメーターだ,という感じの主張かと思うが,記事の中の,

欧米諸国の受け入れ状況は、米国が58万人、非英語圏の仏独でも25万人前後で、日本の12万人を大きく上回っている。

を見ると,日本の大学は,この状況で,米仏独と比べてそんなにいっぱい受け入れているのか,と思うのは私だけ?
仏独の半分もよく受け入れているな,って感じ.それに,なぜ「計画」では仏独を一気に追い越して30万になってしまうのだろう...

留学生30万人計画には,こんなまっとうな議論もありますし...
[PR]
by nobu_san | 2008-10-06 19:36 | 大学問題