<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2008年 04月 27日
オンライン・ジャーナル
今年度,所属教室(分野)の施設・図書委員になった.所属専攻には複数分野があるため,私は委員会には出席しないのだが,出席する代表委員からの情報を分野の教室会議に流す.

で,外国雑誌購入調整委員会で,ある研究科から,電子ジャーナルのパッケージ購読の見直しの議論をしようという意見が出ているらしい.特にエルゼビアのサイエンスダイレクトのパッケージ契約の価格高騰策は突出しているらしく,「もはや学問の発展を支える良識ある会社ではなく,株主投資家に対する利益還元を最優先とする収益追求企業とみなされている」そうだ.包括パッケージ契約の維持が容易でないのは諸外国の大規模大学でも同様らしい.

「意見」では「いろいろな学会で,エルゼビアの雑誌に投稿するな,レフェリーになるな,エディターになるなという運動が起きていたり,エルゼビアが出版する雑誌でエディターが総退陣する事例が近年5件発生している」ことも紹介されているが,便利にオンライン・ジャーナルを使っている私は不覚にもそんなことは知らなかった.

そういえば,10年ほど前,ある学会のついでに当時のIUCrの会長(降りたばかりだったかな)のPhilip Coppens研究室に遊びに行った時,奥様と3人で出掛けた夕食の話題で,IUCrが新しくまた一つのジャーナルを創刊しようとしていることについてどう思うか訊かれたのを思い出した.逆になぜそんな雑誌を創刊するのか訊いたら「安い(投稿は只だ)」ことが重要だと思わないかと言われた.まさにそのとおりだ.
[PR]
by nobu_san | 2008-04-27 23:10 | 大学問題
2008年 04月 17日
改正学部規程と教育基本法
昨日の教授会で今年度の「教育体制」の説明があり,その中でうちの学部の規程「◯◯大学◯◯学部規程」の改正点の説明があった.

昨年度までは第1章 通則(趣旨)が第1条のみで規程の趣旨を説明してあっただけなのが,今回学部の理念を説明する第2条を設けたという.

で,例によってひねくれ者の私がひっかかったのは,その第2条が,

本学部は,教育基本法の精神にのっとり,学術文化の中心として広く知識を授け,...

で始まっていることである.私自身は昨年6月に赴任して来て,この規程改正がいつどういう手続でされたのかちゃんと把握していないのだが,旧教育基本法当時から存続する条文ならともかく,今年新たに挿入する規程の条文に「改正」教育基本法をわざわざ引用するとは,どういう神経だろうか...
[PR]
by nobu_san | 2008-04-17 12:51 | 大学問題
2008年 04月 03日
入試手当その後
大学がどうするのか様子を見ていた入試の試験監督の時間外労働のその後ですが,今日,部局の人事掛から「超過勤務命令簿」が来ました.休日振替出来なかった2日分の試験監督については135/100の時間外手当てを支払うことにしたようです.

研究科長に呼び出された際の研究科長の説明では「払えない」ということでしたが,学内の状況を調査してみても他には誰も文句を言っていないので,一人や二人(一人だけかな?)になら正規に時間外手当てを払っても大したことではないと判断したということでしょうか.組合からの質問書にも「本来は振替ることが必要だが,振替出来なかったのであれば支払うもの」というような回答が来ているようです.

これで個人的には解決してしまいました(ちょっと残念).しかし,私もどんどん予定が詰って「書類上」だけでも休んだことにすることも出来なくなってしまいましたし,現実には私の周辺の人も入試監督の休日を振替ていません.多くの教員がそうだろう(研究科長自身もそうじゃないかな)と思われるので,振替でなく代休が取れるようにするとか,これをきっかけにしてもっと実際的な仕組みを検討してもらいたいと思います.個人的には,大学教員の実態に合わない裁量労働制なんぞ止めてしまって,教員の特殊な働き方を良く検討して「大学教員労働法」とかいうようなものでも作ってはどうかと思いますが...内容の案は無いけど...
[PR]
by nobu_san | 2008-04-03 00:04 | 大学問題