<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2008年 03月 29日
学習指導要領
学習指導要領の改訂が報道されている.パブリックコメントを求めていた改訂案にはなかった「我が国と郷土を愛し」という記述や,君が代を「歌えるよう」指導するといった記述が新たに書き加えられ,さらに酷いものになっているようである.TBSの報道では,渡海文科相が「新しい教育基本法の下での学習指導要領の作成で,さまざまな意見を頂いたことについて,最終的に修正をさせて頂いた」としている.

私も気になる点についてコメントを投稿しておいたが,そうした意見よりも戦前回帰の教育の強化を望む意見の方が多かったということだろうか.「案」を修正したからには,わざわざ公表していた案を修正した理由や手続をきちんと示さなければ,それはただの詐欺である.今後も当たり障りの無い「案」を示してコメントを求め,最終的にはどうにでも好きなように修正すれば良い.そもそも普段我々が頑張って署名を沢山集めても一向に態度を変えないのに,わずか5千ほどのコメントに意見分布があったとしても,だからといって議論もせず修正するのも妙だ.

こんなことを書くと誤解され,私を個人的に知っている人は違和感があるかも知れないし,不起立・不斉唱の人は理解出来る(私も子供の式では特に歌わない)のだが,実は私は「日の丸」や「君が代」には全然抵抗がない.私はおそらく保育園からずっと,式典では「日の丸」に正対して「君が代」を歌っていたのだろう.ただ,どういう教育を受けて来たのか記憶が無いが,私にとって「君が代」はただの「式の時に歌う歌」だし,「日の丸」にも輝かしい日本という国の象徴といった感覚があるわけではない.むしろ「日の丸」はその下に不毛な戦争を遂行した,忘れてはならない我が国の歴史を背負った「旗」として見ているように思う.そういう意味では右翼や靖国派や「つくる会」的な立場の人々が「日の丸」を有難がるのはさっぱり理解出来ていない.

さて「愛国心」だが,私は Carl Schurz (1899年)の,

Our country, right or wrong. When right, to be kept right.
When wrong, to be put right.

が,真の愛国心であろうと思う.「我が国と郷土を愛す」ために「日の丸」の歴史をきちんと教える.そして「式」の度にそれに正対してみんなで反省する.なぜそうはならないのだろうか.
[PR]
by nobu_san | 2008-03-29 01:03 | 憲法・平和
2008年 03月 26日
実像と虚像
蛋白質核酸酵素の最新号に「タンパク3000プロジェクトが産んだもの」という特集がある.その中に標記のタイトルで荒田洋治先生がコメントを書かれており,巨大プロジェクトの研究費配分方法が,大学院学生を含む若手研究者に与えた影響や,さらにはそうした巨額の研究費の具体化のプロセスを,「(バイオ研究が)労働力やお金の大量投入大量消費の世界」と評した元木氏のブログを引用して解説されている.商用誌で,しかも当事者の成果報告とセットでこの評論が載っているのはなかなか面白い.(さらに復習用には,元木氏のまとめ「バイオねたのまとめと今後」.)

ただ,(少なくとも日本では)競争的資金の中間評価や事後評価をきちんとするシステムよりも,大学人の「生活費」を保証するようなシステムの方が構築が容易でしかも実は効率的なのではないかと私は思っている(次第にそういう国民性では無くなって来ているのかも知れないが).「大量投入大量消費」の可能な研究室で,毎年度末に「何か買っておく物は無いか」と騒いでいるのは,私のような貧乏な者から見れば馬鹿げている.もっとも,実はそれで色々買ってもらって助けてもらったりするし,そんなことを可能とするようなプロジェクトを企画する能力のない者の負け惜しみだが...
[PR]
by nobu_san | 2008-03-26 00:12 | 研究関係
2008年 03月 09日
学習指導要領の改訂案
登録している全大教のメールリストに「学習指導要領案と学校教育法施行規則の一部を改正する省令案についての意見公募」のことが流れた.

これは何かしないと,と思ったが,教育基本法ならともかく,なにしろ学習指導要領というものを見たことがない.いったいどういうことが書いてあるのか,そもそも現行の指導要領がどうなっているのかも知らない.ということで,改訂案現行指導要領をざっと見てみた.各科目の細々とした記述は良く分らないので,気になる道徳を見てみると,例えば指導計画の作成法が以下のようになっている.今のところ指導要領もない大学人にはあまりピンと来ないが,こういう記述が現場を厳しく統制することになるのだろう.

第3章 道徳
第3 指導計画の作成と内容の取扱い
(改訂案)
各学校においては,校長の方針の下に,道徳教育の推進を主に担当する教師(以下「道徳教育推進教師」という。)を中心に,全教師が協力して道徳教育を展開するため,次に示すところにより,道徳教育の全体計画と道徳の時間の年間指導計画を作成するものとする。
(現行)
各学校においては,校長をはじめ全教師が協力して道徳教育を展開するため,次に示すところにより,道徳教育の全体計画と道徳の時間の年間指導計画を作成するものとする。



教えるべきことが明確化し易い教科目ならともかく,道徳の指導計画の策定を校長個人の方針に寄るように強いるのはどうか.折しも,川口市の高校校長の脅迫メール事件が報じられた.卒業式の式辞では「共に認め合い高め合う人間関係をつくっていこう」と述べていたと報じられているから,なんとも悪い冗談のようである.報道では「校長は教育改革に熱心」だったとしているから,やはりどこぞと同じで,「改革熱」にやられるような状況ではろくなことはないということか.
[PR]
by nobu_san | 2008-03-09 12:36 | 憲法・平和