<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2007年 03月 27日
改憲国民投票法案情報センター
ここをごらんになっているような皆様は既にご存知と思いますが,表記のホームページはここです.

「改憲と国民投票法案に反対する大学人アピール -不公正な改憲促進手続法案に抗議する-」の賛同者(大学教職員限定)募集へのリンクもあります.

ここを訪れて下さる方の中には,なぜか随分と政府寄り(というか,たぶん自分は権力からは遠いのだろうに,なぜだか権力を擁護しようとする)の方もいらっしゃるようですので,ご存知ない方もいらっしゃるかと思い,記録しておきます.
[PR]
by nobu_san | 2007-03-27 23:18 | 憲法・平和
2007年 03月 08日
従軍慰安婦問題文書
安倍首相のおかげで盛り上がっていますが,私が参加している,あるメールリストに流れた従軍慰安婦問題に関する解説文書です.
英語版もあります.ご参考まで.

しかし,安倍発言をニュース等で見ていると,本当に教育の重要性を感じます.この人は,その生まれ育ちのために,おそらくまともな教育を受ける機会を奪われて育ってしまったのでしょう.ある意味,気の毒にも思います.
[PR]
by nobu_san | 2007-03-08 22:32 | 憲法・平和
2007年 03月 06日
振興調整費「若手研究者の自立的環境整備促進プログラム」
今日の教授会で,うちも科学技術振興調整費「若手研究者の自立的環境整備促進プログラム」に応募していることが話題になった.それで文科省のホームページを見ていてちょっと驚いたのは,科学技術・学術審議会人材委員会35回資料のこのプログラムの説明のところの概念図の中の「教授」「助教授」のあたりに「再任可能な任期制や再審制で活性化を維持」というコメントが書かれている.教員任期制法を審議していた時の国会答弁では,教員を再任可能とするかどうかは大学法の決めることだが,再任可とすることは法の趣旨には反するというような答弁がされていたように思うのだが,記憶違いだろうか.もういいのかなあ.
あと,この事業はテニュア・トラックのイメージらしいが,研究費はつけるが任期を付けて競わせるというのは「人材育成」っていうのかなあ.

そういえば,数日前のある会議の懇親会で,ある先生が,生え抜きの教員が少なくなったので同窓会誌の編集委員長を降りられないと言っていた.
[PR]
by nobu_san | 2007-03-06 00:37 | 大学問題
2007年 03月 03日
君が代伴奏拒否裁判から
判決や,時期についての疑問はともかく,国立大学法人化に反対していた私としては,最高裁判決で藤田宙靖氏の名前が出て来ると,ついつい注目してしまう.
今回の棄却判決では,5人の裁判官中唯一の反対意見をつけた.

「このような信念・信条を抱く者に対して公的儀式における斉唱への協力を強制することが,当人の信念・信条そのものに対する直接的抑圧となることは,明白」,「上告人に対してピアノ伴奏を命じる職務命令と上告人の思想・良心の自由との関係については,こういった見地から更に慎重な検討が加えられるべき」

というようなものだ.国立大学の法人化の時にも,ジュリスト論文のような状況解説だけではなくて,もうちょっとこうした「普通」の疑問も表明してくれていれば,と思ったりする.もはや過去のことだが...
[PR]
by nobu_san | 2007-03-03 22:27 | 憲法・平和