<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2006年 10月 31日
国会での答弁の重み,軽さ
教育基本法の委員会審議が始まった.報道によれば,いじめや高校必修科目の未履修問題に多くの時間をとったようだが,今日も「愛国心」問題も質疑されたようだ.

法案の2条の我が「国」の意味等,法案の懸念に関する質問に対して,首相らは,教育を通して国家が国民を支配するような意図は無く「全く心配ない」という答弁をする.公明党の西委員の質問に対しても,「国を愛する態度の『国』には統治機構を含んでいない」,「あくまで日本の伝統,文化を勉強,研究したりする態度を評価する」と答えた.そういう態度を評価することにつながることを「基本法」に書くことそのものにも疑問があるが,(他の条文での『国』は当然行政権を持つ統治機構の意味ですが)2条での『国』の定義はこうですよ,心配ないですよ,という答弁である.それで安心できるか.

一旦「法」が成立した後は,いかに議事録に残っていようとも,国会での答弁の内容はほとんど意味を持たないことは,国旗国歌法でもおなじみだ.様々な解釈がなされ論争が生まれる.現に政府は「不当な支配」の正当な解釈を嫌っているではないか.また,評価圧力に曝される現場は不必要に行政機構の意を汲み取って対応してしまう.大学教職員であれば,教員任期法や,最近でも国立大学法人法でしっかり学習済みのはずだ.いかなる「法」も,虚心坦懐に法文を読んで疑問が残る状態で通してはいけないのである.附帯決議も意味は全く無い.

いや,現在の自分自身の状況の反省も含めて考えれば,基本法が「改正」された後の現場は理念では「反対」の精神と,日々の「生活」のために「法」に対応して作業する体との分裂状態に置かれることになる.そのことが教育にとってはむしろ問題だろう.

「反対」の声を!
[PR]
by nobu_san | 2006-10-31 00:53 | 憲法・平和
2006年 10月 30日
教育基本法に関する特別委員会委員FAX名簿
教育基本法に関する特別委員会審議が始まります.
「反対」FAXをPCから送る人のために,委員名簿(10月27日現在)のFAX番号だけをまとめたvCard を作成してみました.
ここに置いておきます.

なお,これのFAX番号はこの名簿に基づいていますが,井脇ノブ子,佐藤剛男,島村宜伸,坂口力委員には私の環境(FAXstf X)からはうまく送れませんでした.
[PR]
by nobu_san | 2006-10-30 07:17 | 憲法・平和
2006年 10月 27日
「教育基本法を変えてはいけない!市民集会」から
ちょうど教育基本法「改正」案が衆議院で審議入りした昨日(25日),高橋哲哉講演会「靖国・教育・憲法・・・この国のゆくえ」(「教育基本法を変えてはいけない! 市民集会」札幌弁護士会主催)に参加して来た.講演はとても良かった.しかし,平日の夕方では仕方がないかとも思うが聴衆の平均年齢は高かった...

講演は,教育刷新委員会で委員長も務めた南原繁の論文,「日本における教育改革」(1955年4月朝日新聞社「明日をどう生きる」)の一部を紹介して終わった.その論文の最後はこうなっている.

新しく定められた教育理念に、いささかの誤りもない。今後、いかなる反動の嵐の時代が訪れようとも、何人も教育基本法の精神を根本的に書き換えることはできないであろう。なぜならば、それは真理であり、これを否定するのは歴史の流れをせき止めようとするに等しい。ことに教育者は、われわれの教育理念や主張について、もっと信頼と自信をもっていい。そして、それを守るためにこそ、われわれの団結があるのではなかったか。事はひとり教育者のみの問題ではない。学徒、父兄、ひろく国民大衆をふくめて、民族の興亡にかかわると同時に、世界人類の現下の運命につながる問題である。

総長,そろそろ声を出してもいいんじゃないですか.札幌駅前で街頭演説して下さるなら,僕がハンドマイクを持ちます.(といっても本人はみてないだろうから職員課の誰か伝えてよ...)

教育基本法に関する特別委員会の委員名簿を見るとなかなか元気が出ないが「反対」FAXしておこう.
[PR]
by nobu_san | 2006-10-27 00:11 | 憲法・平和
2006年 10月 24日
大学授業料と教育基本法
23日の赤旗によると,国大協は,来年度の国立大学の授業料標準額の値上げに反対することを求める緊急要望書を文部科学大臣に提出した.財務省はまた授業料を上げしようとしているのか...

国大協は授業料値上げなら反対要望書を出せるのか.うちの総長は教育基本法「改正」反対は「国大協を通じて」ということだったが,今のところ国大協がそうした「緊急要望書」を出したとは聞かない.

しかし,国立大学の学長は教育基本法の改正案を読んだことがあるのだろうか.もしかしたら,大学は教育基本法とは関係ないと思っているのではないだろうか.授業料の値上げのような「金」がらみだとすぐに反応出来て,なぜ教育基本法には反応できないのだろう.「改正」案16条(現行法10条)は大学にも及ぶし,「改正」案では7条に大学も規定される.


北海道の人事委員会は,中学の卒業式で君が代演奏のカセットテープを止め教育委員会が懲戒戒告処分にした教諭について処分取り消しを採決した.学習指導要領の日の丸君が代指導条項の法的拘束力を否定している.(道新23日夕刊一面トップ記事)
[PR]
by nobu_san | 2006-10-24 00:24 | 大学問題
2006年 10月 22日
教育基本法「改正」:現場の声
東大基礎学力開発センターが「教育改革」について全国の公立小中学校長を対象に調査した結果を,今日(21日)の道新の夕刊が一面トップで伝えた.見出しは:

「教育改革」85%戸惑い
66%基本法改正反対

教育基本法改正案には,現職校長の66%が反対している.

15日に赤旗が中間集計を報告していたが,夕刊とはいえ,この時期に一般紙がこの種の報道を大きく伝えるのは評価出来るのではないか.他の新聞での扱いはどうなっているのだろうか(これは共同通信の配信記事ですね).

実験出張から帰ったばかりだったのだが,昨日(20日)は香山リカの講演に行ってみた.講演の本題より,後の質疑応答での「現在の世の中の動きは,誰か「ボス」がいてちゃんと考えてやっているわけではなく,忖度し合う日本社会でなんとなくそういう方向に進んでしまっている」,「だからボスキャラを倒せば良いというような構図にならないのが難しい」というような議論があったのが記憶(メモもとらなかったのでいい加減な記憶だが)に残った.考えてみれば,大学法人化の時の状況も同じである.いろんな立場のいろんな人が,それぞれの守備範囲で「きっと良いことだ」と思っている状況を変えるのは非常に難しい.

講演会続きだが,今日(21日)は「シンポジウム:「美しい国、日本」とは何ですか−教育基本法改正の行き着く先は?」に行って来た.不勉強で知らなかったのだが,教員のうち定年まで働き続ける人が4割台というのには驚いた.先日の学習会でも星野直之氏は「やってられない」ということで昇任を望む人も居ないというようなことを言っていたように思う.「教育改革」をやろうにも,「いったい誰がやるの?」ということになる.
[PR]
by nobu_san | 2006-10-22 00:22 | 憲法・平和
2006年 10月 14日
「教育基本法の現在と未来」
北大職組が12日に企画した標記の学習会に参加してみた.

「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める非処分者の会・共同代表の星野直之氏による東京都立高校の状況報告は生々しく非常に面白かった.教育基本法が「改正」されようとしているが,なにも法を「改正」するまでもなく東京都は「改正」案の内容をどんどん先取りして実施している(法治国家なのに).逆に言えば,東京都の実態を見れば,「改正」後の教育現場がどうなるのかが具体的に分かる.

たまたま昨日の参議院予算委員会で伊吹文科大臣は「愛国心は通知表で評価できない」と答弁した.しかし,自民党案の2条は様々な「態度」を養うとしている.「改正」された後で法にもとづいて評価するのは単に「態度」で良い.個人の内面の愛国心自体は評価できないが国と郷土を愛する「態度」は評価できるということになるのではないか.日の丸に向かって立ち,君が代を歌う「態度」を評価する仕組みを作ればそれで十分なことを東京都が先行して示している.

愛国心の他にも,例えば10条の問題でも都立高校は進んでいる.2001年から「学校経営計画」の策定をさせて人・金・物を重点配分し,何か「新しいこと」をやらないと金が来ない状況になっているという.財政誘導で何でも出来てしまう,どこかの国の大学法人の状況にも酷似しているが,初等・中等教育も金で縛れるとは...

さて,学習会に参加したら,安倍晋三に代表されるようなこの国の「指導者」達がなぜ教育基本法を「改正」したいと考えているのかが分かるかなと思ったが,そこのところはやっぱり分からない.教育を荒廃させ,結果的には彼らの「愛する」この国をダメにしてしまうだけだろうに,なぜわざわざそんなことをやりたいのか.学習指導要領を書いた人も,東京都のようなひどいことが起こるとは思わなかったとか.単純に「良いこと」だと信じてやっているだけなんだろうか...質が悪い.

向こうは理屈でなくただ盲目的に「信じて」いる上に,嘘でもなんでもマスコミを通じてどんどん流して煽る.こっち(組合とか)は「学習会」なんてやったりして,きちんと道理で反論しようとする.理屈をまともに読んだり聞いたりする人は少ないし,大きく広げるにはとても時間がかかる...分が悪い.
[PR]
by nobu_san | 2006-10-14 00:56 | 憲法・平和
2006年 10月 09日
日本教育学会歴代会長「見解と要望」に“勝手に賛同する”みんなの署名運動
 教育基本法「改正」情報センターが実施している標記賛同電子署名はここから.
第1次集約日は10月15日(日)午後9時とのこと.

教育基本法「改正」情報センターのHPには,「投稿」として「安倍晋三首相と教育基本法『改定』問題—安倍首相の『教育の再生』論に対する全面的批判」という資料もあり,面白い.

しかし,叱られるか,笑われるか,あるいは呆れられるかも知れないが,依然として,安倍晋三に代表されるようなこの国の「指導者」達が,なぜ教育基本法を,さらには日本国憲法を「変えたい」のかが実は全く理解できていない...
[PR]
by nobu_san | 2006-10-09 00:00 | 憲法・平和
2006年 10月 03日
東京都教育委員会に対する緊急要請の賛同署名
メール自動仕分けのため,気がつくのが遅くなりましたが,本日締め切りで以下の賛同メール署名の要請があります.

2006年9月30日
各 位

東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い
                        
突然のお願いをさせていただきます。私たちはこのたび、東京都教育委員会に対し、後掲のような緊急要請を行うことにしました。この要請にご賛同いただける方は、お名前、所属を添えて、次のいずれかへE・メールでお知らせ下さるよう、お願いいたします。賛同署名の期限は10月3日(火)22時とさせていただきます。
  shomei@zendaikyo.or.jp
  kinkyushomei@yahoo.co.jp

ご賛同いただけます場合は上記アドレスまで、下記aaaaaからzzzzz行をコピー貼り付けして必要事項を記入返信ください。機械的に読み取ります。なお肩書きは、所属、居住市区、ご職業など何でも、またなくても結構です。
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
1氏名:         
2ふりがな:     
3肩書き:
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


呼びかけ人

石田米子(岡山大学名誉教授)
大西 広(全国大学高専教職員組合委員長)
勝野正章(東京大学教員)
小森陽一(東京大学教員)
近藤義臣(群馬大学教員)
斎藤貴男(ジャーナリスト)
酒井はるみ(茨城大学教員)
志水紀代子(追手門学院大学教員)
醍醐 聰(東京大学教員)
俵 義文(子どもと教科書全国ネット21事務局長)
浪本勝年(立正大学教員)
成嶋隆(新潟大学教員)
早川弘道(早稲田大学教員)
堀尾輝久(東京大学名誉教授)

More
[PR]
by nobu_san | 2006-10-03 10:53 | 憲法・平和
2006年 10月 01日
喫煙環境整備の続き
先日書いたうちの学部の玄関の喫煙場所の整備だが,排煙設備の増設が行われている.
a0017004_0103117.jpg
文句をつけた甲斐があったと言えばそうだが,換気扇で済まそうとしていた時には「お金」のこととか,排気ダクトの取り回しとかでなかなか難しいような説明だったのだが...
文句がついたらこんなに早く対応出来るのなら,ちゃんと考えて最初からやればいいだろうに.

というか,ここまでして「大学」に喫煙環境を整備しなくてはいけないのだろうか.しかもおそらくは「科学的」な分析法や考え方の教育をしているはず(自信が無いが)の理学部に...

国立大学法人評価委員会による,各国立大学法人の「中期計画の2005年度の達成度」の評価結果が29日に公表されたらしい.建前上は自主的に定めた目標・計画の達成度評価なんだが,実際には「任期制の導入の検討」とか,どの大学も「社会」(≠国民・市民)の目を気にした目標・計画になっているはず.もしも,評価委員会が「学生,教職員の健康管理」なんてのを評価項目に入れたら全学禁煙なんてのも出来るのだろうか...
[PR]
by nobu_san | 2006-10-01 00:22 | 嫌煙