<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2006年 07月 13日
和解
道労委に救済申請して争っていた寒冷地手当の引き下げ問題ですが,本日,うちの組合と大学は「和解」しました.

私個人はこの和解合意の内容に非常に不満ですが,不当労働行為として訴えたこの争いに一年以上関わった者とそうでない人,さらには未組合員である多くの教職員で評価はいろいろあり得るでしょう.多くの人にとってはとりあえず「2万円」の実利もありますし,「和解」自体は悪くないのかも知れません.ただ,もう蒸し返すことは出来ません.私はたぶん遠くない将来の評価を待ちます.

望みもしないのに非公務員の法人職員に移行させられ,都合の良い部分だけ(法を曲げて解釈してまで)公務員に準ぜられています.労務担当理事は「法人化して最初の大きな労働条件変更が,寒冷地手当のような形で極地的な問題として来たのが不幸だった」というようなことを話していました.だから,そこで出来ること出来ないことの枠組みをきちんとしておくべきだったのではないですか.そうしなかったから,ついには独立行政法人と全く同じ扱いにされてしまいました.

私自身は,膨大なエネルギーを使って,「大学」について,さらには「組合」についてもいろいろ学ばせていただきました.これらのことは全然私の専門には活かせませんが,普段,研究室でも怒ったことなどまずないので,こんな経験も何かの役に立つこともあるでしょうかなあ
[PR]
by nobu_san | 2006-07-13 18:34 | 大学問題
2006年 07月 12日
戦争
敵基地先制攻撃論まで平気で出て来るのか.
戦争に最も慣れているだろうアメリカでさえ,一旦始めた戦争を終結させることにいつも失敗しているのに,うちの国の政局屋はいったい何を考えているんだろうか...

4日のblogの続きになるが,うちの組合は大学と寒冷地手当の引き下げ問題の道労委救済申し立ての和解を模索する交渉をしている.これも「戦争」の終結させ方の問題と言えるかも知れない.こぶしを上げたのはこっち(上げさせたのは向こうだが).さて,どうやってそれをおろすのか,おろせるのか.

個人ではなく組織が交渉を進めていくことは,なかなか難しい.当たり前だが,対外交渉には,まず組織内の調整が必要となる.私もいったい何に腹を立て,エネルギーを使っているのか.だんだん怪しくなって来た.

たかが組合の和解交渉でこうである.本当の戦争の終結が非常に困難だろうことは容易に想像される.争いはやらないで済むようにする努力がまずは必要だ.(もちろん大学も...)
[PR]
by nobu_san | 2006-07-12 22:56 | 大学問題
2006年 07月 04日
やっぱりお金が一番?
組合が北海道労働委員会に救済申請をして,既に一年以上大学と争っている寒冷地手当引き下げ問題の状況を知らせる朝ビラ配布行動に参加した.
「おはようございます.寒冷地手当の状況です」と言ってビラを差し出すと,予想外に受け取りが良かった.ここ数年配布したビラ,大きなものでは国立大学法人化反対の宣伝ビラや,最近では教育基本法改悪反対のビラとは反応が全然違っていた.行動に参加した人ほとんどが同じ印象だった.
ビラを差し出しても無視するか手をかざして受け取り拒否する人に,表面上はにこにこしながらも,いつも心の中では「あんたらのために頑張っているのに,馬鹿たれ!」と思いながら撒いていたのだが,今日はそういうねじくれた思いをせずに済んだ.
無視して通り過ぎようとしていたのに,「寒冷地手当...」と聞いて,自分から手を出して受け取って行った人までいたのだから,本当に驚いた.
やっぱり,結局は「お金」が一番分かりやすいか...なあ...
[PR]
by nobu_san | 2006-07-04 22:30 | 大学問題