<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2005年 04月 26日
気になる「安全」 大学病院の場合は?
悲惨な事故が起こった.
飛行機といい,鉄道といい,改革病の国の安全がどうなっていくのか不安になる.

もっと身近では,国立大学病院の状況も不安だ.看護師の超過勤務(残業)の不払いを大学に追求しても,結局は「金が無い」.「払われていない実態があるなら,時間管理者を指導すると『言わざるを得ない』」という回答が,おそらくは「ちゃんと払いますよ」を意味しない悲しさ.20日の衆院文部科学委員会で石井議員はうちの大学名を上げてパート看護師の残業代が支払われていない声を伝えて質問している.それが「実態」ではないのか.国,文科省,大学は,公務員時代に永々と不払いであったものを,単に制度上非公務員になったからと言って,なんで急にきちんと支払わなければいけないのか,何も「実態」は変わってないのに,というような意識なのかもしれない.

疲れた現場の看護師の声を聞けば,医療事故が起こらない方が不思議だ.看護師だけでなく,聞こえて来る医師の実態もひどい.高度先進医療を国民に供給するはずの国立大学病院で人為的ミス続出,なんてことにならなければ良いが.

しかし,「金が無い」.
病院は毎年2%の経営改善係数が課せられている.計算では,うちの病院は今後5年間で20人の人員削減をしないとやっていけないらしい.医療素人の私には,結局医療は「人」ではないのかと思われ,医療従事者の慢性的な人手不足を放置した上で「経営改善」係数など持ち出す「国」の意識が知れない.無駄を放置しろというのではない,問題をきちんと切り分けて,手当すべきところまでケチらなければやっていけない状況にはするなと言いたいだけである.間違っているだろうか.国も国なら,看護師の不払い残業(なぜか「サービス」残業ともいう)を訴えれば「(超勤をきちんと支払って)2,3年で病院が潰れてしまって良いのか.職員ももっと経営感覚を」と平気で恫喝する病院幹部も理解出来ない.

大学経営者には,「雇われ経営者」の甘えがあるのでは無いのか.係数好きの国に「これだけのお金でやりなさい」と言われ,その中でのやりくりに腐心してしまっているのではないか.経営者として被雇用者への責任を負っているという自覚が全然感じられないが,私に「目」や「耳」が無いだけか.被雇用者の悲惨な実情を訴えて制度を変えさせることまで強く主張する声は「経営者」からはとんと聞こえて来ない.極端な話,国に戦闘機の一機,戦車の一台でも処分させて,職員の残業代くらい稼いで来たらどうだ.法人化で変わった,とさんざん自画自賛しているが,結局意識は上意下逹の「公務員」ということか.

そういえば,うちの労務担当理事が「異動」するらしい.さんざん平成19年以降の教職員の「新しい人事制度」なんてことを話していたが,もう居なくなってしまうのか...
[PR]
by nobu_san | 2005-04-26 18:22 | 大学問題
2005年 04月 24日
憲法改正法案「国民投票運動に関する規制」と教員
参加しているメールリストで流れて来たので,日本国憲法改正国民投票法案をみてみた(今頃見ていては不勉強かと思いながら).基準が拡大解釈可能であいまいな上に,一旦改正が発議されたら国民の間では一切議論をさせないぞとでもいうような厳しい規制内容が色々批判されているようだが,一応「教員」として一番関係ありそうなところを見ると, 第十三章 国民投票運動に関する規制 65条(教育者の地位利用による国民投票運動の禁止)は,
第六十五条 教育者(学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)に規定する学校の長及び教員をいう。)は、学校の児童、生徒及び学生に対する教育上の地位を利用して国民投票運動をすることができない。
となっている.

この「教育上の地位の利用」はどうだろう.署名付きで新聞に投書とかしてはダメだろうか? このblogは一応匿名だから何を書いてもいいかな? もしかしたら,研究室の雑談で教員が「私は改正に反対だ」と学生に話をすることも問題があるのではないだろうか? だいたい,憲法改正が発議されたら,学校で「憲法教育」をしてはいけなかったりするのだろうか?
現行憲法を授業できちんと教えることは,この条項に絶対違反するだろう...
[PR]
by nobu_san | 2005-04-24 00:05 | 憲法・平和
2005年 04月 22日
「授業料」で附帯決議
昨日書いた「国立大学法人法の一部を改正する法律案」が衆議院文部科学委員会で採択された.昨日のblogではちょっとしか書かなかった授業料問題について「標準額の決定に際しては,各国立大学法人の意見にも配慮するよう努めること」という附帯決議がついた.

国立大授業料値上げ反対意見広告の効果もあったに違いない.しかし,附帯決議は附帯決議にしか過ぎない.国立大学法人法成立の際の衆参両院の附帯決議を考えてみても,附帯決議は政府・財務省・文科省にはほとんど役に立っていないのではないかと思われる.附帯決議にどれだけの意味があるのか分からないところだが,少なくとも大学法人側は具体的に「標準額」問題が書き込まれたこの附帯決議を意識するならば,来年以降は,「意見」を述べ,それがどのように「配慮」されたのかに納得することなく,さっさと「苦渋の選択」をしてしまう訳にはいくまい.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-22 22:55 | 大学問題
2005年 04月 21日
「定員削減」とはなんだったのか
筑波技術大学の設置(4年制化)や富山大の統合等に関する国立大学法人法の一部を改正する法律案を議論している20日の衆議院文部科学委員会で,共産党の石井郁子議員が,各大学が実施しているシミュレーションの例も挙げながら,運営費交付金の削減にともなって教職員の削減をせざるを得ない国立大学の実態を指摘している(衆議院TV 37:30過ぎ).法人化法案の審議当時,工藤高等教育局長が「定員削減がいやなら法人化を受け入れろ」と言っていたことも思い出させてくれる.各大学での法人化への「苦渋の選択」の理由として挙げられた大きな理由の一つも,これだったのではなかったか.今回の石川局長の答弁も面白い.運営費交付金削減の圧力には触れず,定員という概念は無いので,各大学が中期目標・計画に沿って各大学の判断で自主自律的にやっていることだというようなものになっている.

この質問では,もちろん授業料問題も指摘されている.ビデオは見るのに時間がかかるが,20日の会議録が公開されるまでは,これでしか内容が分からない.一見の価値ありと思う.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-21 23:08 | 大学問題
2005年 04月 20日
科研費不採択
科研費の採択状況通知が来た.今回,私の申請は不採択.

法人化後,競争的資金獲得が多いに求められている国立大学法人の教員としては失格.まずは厳しい評価というところか.大規模プロジェクトが動いているからいいようなものの,そうでなければ「生活費」にも困ってしまう.申請書を書きながら,本人はまあまあ面白いと思ったんだけどなあ.やっぱり駄目か.うちの先生にも,専門家にしか受けないようなことばかり考えたりしていたのでは駄目だと叱られているが,そうなのかも知れない.そういえば,このまえ調べたら,私自身の論文が業界で引用されるのは「変わりだね」研究として「こんなことをやっているのもある」というのしか無かったような気がする.ある人とのメールのやりとりで,今回の申請のテーマは「好き者にとってはワクワクすること」と評されてしまった.

来年はちょっと宗旨替えをしようか.リストラされても困るし...私の分野では,やっぱり,もうちょっと応用が見える研究が大事だろうか...
[PR]
by nobu_san | 2005-04-20 00:37 | 大学問題
2005年 04月 19日
昭和の日
日中関係を書きたいと思っていたのですが,ちょっと積み残しの話題を...
4月29日を「昭和の日」とする法案の参院での審議が,荒れる日中関係で遅れているらしい.5日に衆院で可決しているにも拘らず,「日中関係へ配慮」して自民党自体が審議入りを延ばしていると報道されている.このままこじれて,「無風国会」とまで言われる今期でもまた廃案になったら面白い.(無責任?)

衆議院を通過した法案では,昭和の日は,
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
と定義されている.「自由と平和を求めてやまない日本国民」が「国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日」(祝日法1条)として,掛け値無しに上記のような定義なのであれば何も中国に気を遣う必要もなかろう.上記の「昭和の日」の定義からすれば,多くの意見にもあるように,なにも昭和天皇誕生日にせずとも敗戦記念日(祝日になるなら,ゆずって終戦記念日でもいいけど)あたりを「昭和の日」にすれば良いだろう.

今回ここで自民党が,法案の審議入りも遅らせるということは,裏返せば昭和の日の制定目的はやっぱりやましいということが明らかになったということか.少なくとも自民党自体がそういう「誤解」を受けるということをやっぱりちゃんと認識していることになるのではないか.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-19 00:54 | 気になること
2005年 04月 16日
高校・大学の無償化は夢か
民主党の教育基本問題調査会(会長・鳩山由紀夫元代表)の作業部会がまとめた教育基本法改正に向けた論点整理の中で,高校・大学の無償化を提唱している.12月19日にも書いたように,上がり続ける国立大学の学費の状況に反対する立場からはこの提案は歓迎できる.

しかし,肝心な教育基本法「改正」の提案はどういうものか知りたいところだ.
Yahoo! News でみられる産経新聞共同通信の報道では,愛国心を明記するかについては両論併記だが「宗教教育の必要性を強調している」ともある.いったいどういう提言になっているのか非常に気になるが,まだ民主党のホームページ等でも公表されていないみたい.

高等教育が無償化されても,同時に愛国心や宗教教育の強化が進められたのでは単純には喜べまい.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-16 22:56 | 大学問題
2005年 04月 15日
憲法調査会最終報告
憲法調査会が最終報告を提出した.713ページもある!ので,まだ「まえがき」と「各会派の意見」程度しか見ていない.先日書いた89条も中山太郎の「まえがき」(~「憲法と現実との乖離」による憲法規範性の低下の懸念~)に

以上の調査を通じて浮かび上がってきた問題に、憲法規範と現実との乖離がある。これまで論じられてきた憲法9 条(戦力不保持と自衛隊の問題等)や憲法89 条(私学助成と、公の支配に属しない教育等の事業に対する公金の支出等の禁止)だけではなく、裁判官報酬の引下げと憲法79 条・80 条の裁判官報酬の減額禁止規定との関係なども、その典型的事例の一つであろうし、憲法の規定が十分には現実に活かされていない種々の問題も挙げられよう。これらを憲法上問題ないとするのは、主権者である国民にわかりやすい解釈とは言えまい。

と,「ちゃんと」出て来ていた.

新聞報道も参考にしながらめくってみると,「前文」については,「我が国固有の歴史・伝統・文化等を前文に明記することの是非に関する議論が行われたが、意見が分かれた。」が「明記すべきであるとする意見が多く述べられた。」とある.現行憲法の前文を考えると,ここに「伝統」や「文化」が書き込まれるのにはかなり違和感がある.また,「英語の文章構造に基づく、いわゆる翻訳調のものであることから、日本人の発想に基づいた、分かりやすい日本語で書かれたものに改めるべきであるとする意見や、シンプルなものに改めるべきであるとする意見が多く述べられた。」も気になる.しかし,現行の憲法前文は理系の私には格調高く思え,暗唱にも耐えると思える.これが「平易な日本語」になってしまうのはかなり哀しい.89条もそうだが,こんな議論も含め,軽重とりまぜて713ページも使って「改憲」の必要性を主張しているだけか?

旧文部省の「あたらしい憲法のはなし」には,
この國際平和主義をわすれて、じぶんの國のことばかり考えていたので、とうとう戰爭をはじめてしまったのです。そこであたらしい憲法では、前文の中に、これからは、この國際平和主義でやってゆくということを、力強いことばで書いてあります。またこの考えが、あとでのべる戰爭の放棄、すなわち、これからは、いっさい、いくさはしないということをきめることになってゆくのであります。
とされている.前文を「平易」に書き換えるついでに,こんな宣言は消え去ってしまうのではないだろうか.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-15 23:23 | 憲法・平和
2005年 04月 15日
北大大学院工学研究科の授業料が只
今朝の道新に「北大大学院工学・博士課程1年生の授業料タダ 不人気脱却を狙う」として,博士課程の1年次の院生71人のうち35人程度の授業料(年額53万5800円)を全額助成する制度を導入すると報道されていた.でも良く読んでみると,一旦授業料は納付させ,それに見合った額を研究補助員としての報酬の形で支給するとある.

昨今はCOEだのなんだのの外部資金で,私の所属でも既に院生を研究補助員として採用していて,うちの学生に訊いてみたら,授業料に見合うくらいはもらっているらしい.COEの立ち上げ時にも,「これが評判になれば優秀な学生が集まる」というような議論がされていたのを覚えている.

てえことは,この工学研究科の動きは,何よりもまずは「宣伝」がポイントで,それが上手だということか...

しかし,学生ばかりでなく職員(教員はまあ置いておくとして)にも何か支援策を考えたらどうだろうか? 優秀な学生が集まっても,サポート体制が貧弱では駄目だろう.知り合いの図書職員は,人手不足ということで会計の仕事をさせられている.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-15 00:24 | 大学問題
2005年 04月 13日
いろんな書類と書式
新年度ということで,毎年提出しているある書類を作っていたら,それだけで午前中かかってしまった.最近はワープロソフトで作られたいろんな書類の書式がweb上に置いてあって,それを使うことが多い.今日作成した書類もMS Wordの書式があってそれを利用した.Macintoshユーザーの私は,ダウンロードして来た書式がちゃんと1ページに収まらないところの修正から始めるはめになり,どうにも言うことを聞かないMS Word に翻弄されながら,結局半日を潰してしまった.

書式と言えば,ちょっとしたことが毎年毎年変更されて面倒なものが多いように思う.大学関係で最悪なのは科研費の申請書だろう.色の塗り方とか,記入枠の大きさとか,よくもまあ毎年毎年ちょこちょこ変えるもんだと思う.あれって担当者が何かしないとと「仕事」をするからだろうか.

そういえば文科省や大学が当然のようにMS Word や MS Excel を指定して書類の提出を求めることが多い.公の機関が特定の商品を指定して使わせている形だが,これって問題ないのだろうか.私自身は未だにWordが好きになれないが,全く個人で片付く書類以外は使わざるを得なくなっている.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-13 23:40 | 気になること