<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2004年 12月 19日
国立大学の授業料は上がり続けるのか
財務省の圧力により2005年にまた国立大学の授業料が上がる可能性が高い.「標準額」が1万5千円値上げされ,53万5800円となる.法人化後の大学では授業料は「自由」に設定出来るが,大学には毎年効率化係数が掛けられ運営費交付金が削減されていくので,値上げしないで持ちこたえられる大学は少ないと観られている.このままでは法人化した後も隔年で授業料と入学金が交互に上がっていくことになるのかも知れない.中山文科大臣も「(値上げ幅は)出来るだけ圧縮したい」と言っているから,値上げすること自体には反対はないらしい.

国立大学の授業料は,私立大学の授業料(平均80万円くらい)との比較により,「国立大生の自己負担を高めなければ納税者の理解を得られない」という受益者負担論で引き上げられ続けてきた.しかし,昨今の大学卒業生の就職難を見ていると,受益者負担論は非常に怪しい.

日本は国際人権規約(社会権規約)の「高等教育の漸進的無償化(第13条2項C)」を留保している3カ国の一つ(他はマダガスカルとルワンダだけ)である.2001年に留保の撤回が勧告され,2006年までに勧告にもとづいてどういう措置をとったのか,NGOや市民とどのような協議をしたのか報告することが要請されているが,日本はどうやら前向きの報告をするつもりは無いらしい.

そういえば,撤回勧告とちょうど同じ年,小泉首相は5月7日の所信表明演説で「米百俵の精神こそ、改革を進めようとする今日の我々にとって必要なのものではないでしょうか」として物議をかもしている.相変わらず「精神」を取り違えたままだ.



ところで,新国大協も8日の臨時総会で要請文「国立大学関連予算の充実について」を決議し,文部科学大臣へ提出している.しかし,なんでも「反対」のへそまがりとしては,法人化を受け入れ,ずるずる負け続けている国大協が何をいまさらと言いたくもなる.だいたい,教員は裁量労働制にして給与を押さえ,職員は違法な不払い残業に頼るしか運営出来ない大学の財政状況をなぜもっと素直に社会に訴えて来なかったのか.効率化係数に関して「文部科学省の尽力に期待したいと考えます」と書かれた我が学長の今年の新年の挨拶を,「ホームページで期待しているより,御自身で街頭宣伝でもやられた方が, よっぽど効果的だ」と批判させていただいたが今でもそう思う.危機感があるなら,国立大学長が毎日交代で東京駅前あたりでハンドマイクを握られたらどうか.駅前街頭宣伝のやり方くらいなら,喜んでお教えしてさしあげられる.
[PR]
by nobu_san | 2004-12-19 01:30 | 大学問題
2004年 12月 10日
寒冷地手当問題のその後のその後
北海道地方労働委員会の事務局から,再度交渉してみることを示唆されたことを受け,北大職員組合は本日,寒冷地手当問題で北大に再度の団体交渉の申し入れを行なった.大学はどういう対応をするのだろうか.

今日,学内である人に遭ったら今期の組合は頑張っているねえ,というようなことを言われた.学内でも,少しは認めてもらえているのだろうか.しかし,特に頑張っている訳でもないだろう.昨年度までと違って大学側に当事者としての直接の責任があり「国で決まってしまったことだ.仕方ない.」とならず,組合が一旦拳を振り上げたら下ろす道理がない.文句を言いっぱなしでおしまいに出来ない状況に置かれてしまっている.(「出来ない」なんて書いたらまた叱られそうだが.)

学生には例によって「何でも反対」とひやかされる.学会に出かけたり,専門誌の知り合いの論文を見たりすれば,こんなことをやっている場合では...という気にもなるのだが「反対」の種はなかなか無くならない.

学内で「反対」に忙しくしていたら,イラク派兵は延長され,武器輸出禁止三原則はなし崩し的に破られようとしている.世の中にも「反対」の種はどんどん出てくる.どうにかして欲しい.

そういえば,武部自民幹事長の「文句があったら自分の目で見て来い」論はなかなか面白い.自分はしっかり「軍」に守られて行って来たのではないのか.普通の国民が自分で見に行ける訳が無い.だいたい,見に行って人質になった人を「自己責任論」で批判していたのではないのか.しかし,この一連の視察には,全部でいったいいくらお金がかかっているんだろう...寒冷地手当くらい軽く出るんではないだろうか.(脱線を戻したつもり.)
[PR]
by nobu_san | 2004-12-10 23:30 | 大学問題
2004年 12月 04日
寒冷地手当問題のその後
どうにもblogに文章を書く余裕がなかなか無いのでポスターをそのまま掲載します.
a0017004_23494990.jpg

前にも書いたように「原理原則的」だという批判的意見と,明らかに「不当労働行為」なのに斡旋で良いのかという意見の両方があります.私たちが強く反対したにもかかわらず,12万人の国家公務員削減という政治的な「数」の問題だけで,将来の見通しや十分な議論もないまま4月に非公務員とされてしまいました.以降,好むと好まざるにかかわらずこういう対応をしなければならない状況に置かれたのだと考えています.山ほど問題があるので,まあきちんとやっている方だと評価していただけないかと...
(万一書記局に迷惑がかかると面倒なので,ポスターイメージ中の組合のメールアドレスは伏せてありますが,実物にはもちろん記載されています.)
[PR]
by nobu_san | 2004-12-04 00:25 | 大学問題