2009年 11月 25日
国立大学法人運営費交付金の「仕分け作業」のビデオ
会議があったので,行政刷新会議のライブ中継サイトでは見られなかったのですが,国立大学法人運営費交付金の「仕分け作業」のビデオは,USTREAMで見られます.

見たあとで何かコメントするかも知れないけど,とりあえず...


USTREAMをざっと見ました.

まず,例によってヘソ曲がりとしての一番目のコメントは,「国立大学法人」なのに「独法」「独法」と何度も何度も間違っていてうるさいですねえ.一般の評価委員だけでなく,法律を作った当事者のはずの国会議員も連発していて呆れます.文科省の担当者も,「独法じゃありません.そんな基本的なことも分らないで評価するんですか」と最初に指摘しなさいよ...

asahi.comは「国立大運営費に厳しい指摘」なんて書いていますが,だいたいは発散した議論に終始しています.まともな検討作業になっていないですが,評価は15名全員が「見直し」にしています.まあ何か作業をやれば「見直せ」というくらいのことにはなるでしょう.ちなみに,枝野さんは最後の評価では「教育・研究に必要なお金はしっかり整備すべき」とまとめています.(たぶん文科省の?)政務官にも念を押していました.また,「大きくはそもそも独法化したことが良かったのかどうか」とも言っていますが,民主党は,もともとは「民営化論」だったはずなので真意は分りません...

最初の方にあった,平等に各大学に配分される運営費交付金を毎年引下げると,競争的資金を取って来れる大規模大学ばかりが発展して,そうでない小規模大学は廃れるだろうという視点はいいけど,じゃあどうしろということかな.文科省はそれこそ「収益率」に反比例するような配分を検討すれば良いのだろうか.一律に「削る」から問題が起っているんだ,という視点が正しいのだと思うが...

「厳しい指摘」として一番面白かったのは,枝野さんが,「旧本庁人事」の事務局長が理事として「天下り」しているじゃないか,という突っ込みをしつこくやっていたことかな.「せっかく『独法』にしたのに」というのはいただけませんが...

人事院勧告との関係も,文科省側がラスパイレスを持ち出して,大学の給与は「公務員時代から公務員平均より低い」と言っていますねえ.でも各大学は今年も人事院勧告に素直に従って給与を引き下げているんです.「人事院勧告は『社会一般の情勢』だから止むを得ない」って...

中村さんも,お金のことだけではなく理念から先に議論しないと意味がないと指摘しています.何がやりたかったのか,良く分らない「仕分け」作業でした.


そういえば,私の所属部局からの指示は,「仕分け作業そのものを否定するような意見はするな」だったから,こんなコメントを書いちゃあ叱られるだろうなあ...
[PR]
by nobu_san | 2009-11-25 16:23 | 大学問題
<< Natureの記事(その2) 結局は政治判断とは? >>