2009年 08月 26日
「立場」とブログ
ある情報を検索していたら,たまたま「ブログ止めました」となっているKEKの某「主幹」のブログに辿りついて,そこの記述が非常に気になった.こんな記述...

ところが、これがそうでもなくなったのはKEKに来てからです。最初にトラブルになったのは、ある法律について記事にしたときです。某政府機関のチェックに引っかかって、結果としてその記事を削除することになりました。その時言われたことは、「京大の准教授なら何を書いても構わないが、KEKは文部科学省の直轄研である。そこの教授がネットでものを書くときには、立場を十分に考えて書かなければならない云々」と言うことでした。

(中略)

気を使って書いていたはずの中でポロっと出てしまった本音の部分が、またもや某所から問題視されてしまいました。

どういうことについて,どう書いて問題になったのかが全然分らないですが...
御本人も「上からの圧力」とも書かれていますが,「某政府機関のチェック」というのがどういうものなのかと,「」内はその政府機関のコメントなのか,それともKEKのコメントなのかが非常に気になります.私としてはこのコメントがKEKの上層部からのコメントである方が「面白い」です.もちろん「某政府機関のチェック」というのも面白いですが...

もっとも,私自身も,私自身のポジションに直接かかわるようなことはここではちゃんと批判していないというズルい人間です...
[PR]
by nobu_san | 2009-08-26 09:05 | 大学問題
<< 大学法人化と鳩山コメント 学生の授業評価コメント >>