2004年 08月 06日
独立行政法人 − 国立大学法人
内閣府独立行政法人評価委員会は,国立公文書館が独立行政法人化後,公文書収集に支障が生じており,国の機関に復帰させるべきだとしている.(読売新聞ニュース)

行政改革で「切る」ことが直ちに効率化に繋がらない好例だろう.

国立大学法人も法人化後,混乱状態にあると思うが,こちらの場合は法人化によって教育・研究に支障があっても,国立に戻せということにはならず,各大学に責任が転嫁されるのだろうなあ.
[PR]
by nobu_san | 2004-08-06 23:30 | 気になること
<< 文科省の来年度概算要求 サッカー反日問題 >>