2004年 08月 05日
サッカー反日問題
アジアカップでの中国人観客の反日問題が報じられている.

小泉首相の靖国問題等,日本側が中国人の反日感情をあおっている感じもあるが,スポーツ観戦の場に持ち込まれるのは,あまり気持ちの良いものではない.

しかし,4日の衆院外務委員会での川口外務大臣の「(中国人は)日中戦争時代のことを考えたかも知れない.そういうことを教育された結果かも知れない」というコメントは面白い.まずは,外務大臣が国会でそんなことを発言して問題ないのか.外務大臣のコメントとしては中国への内政干渉の恐れもある.

それよりも,愛国心の押しつけを図ろうとしている我が国政府の閣僚としては,批判するよりもむしろおおいに参考にすべきではないのか.
[PR]
by nobu_san | 2004-08-05 22:47 | 気になること
<< 独立行政法人 − 国立大学法人 国立大学法人の「経営」 >>