2008年 12月 03日
センター入試の季節がやって来た
また,センター入試の季節がやって来た.

専攻事務から,今年も試験監督の割り当て連絡が来た.今年もどう考えても17日の土曜日分は振替可能な日が無い.昨年入試監督での土日出勤の振替問題で大学とモメたので,そのまま引き受ける訳にもいかず,専攻事務の担当者に17日は引受られないと連絡し,他の准教授の人の前期入試の監督の一日と交代してもらった.例のヒアリングのある方の日なので,相当嫌がっていた.申し訳ない.

組合も次回の入試に備えて大学と何らかの協議をするようなことを言っていたので,組合の書記さんに「どうなったの」というメールを入れてみているが反応はない.書記さん個人のアドレスに送ったので,もしかしたら居ないのかな.

所属部局の支部で,「組合員の勧誘を」というメールも来ている.実質どうせ取れない振替よりも「代休を可能にしました」なんてことになれば,ちゃんとやることはやっている「組合」を示すには良いテーマだと思うのだが...

しかし,別件でやりとりしたある准教授の人は,やはり休日振替と代休の違いをちゃんと理解していないようだったから,そんなことをやっても実は大学の先生にはあまり分ってもらえないのかも...
[PR]
by nobu_san | 2008-12-03 00:47 | 大学問題
<< 大学交付金の削減見直しを=自民が決議 高学歴ワーキングプア >>