2008年 10月 11日
The Misused Impact Factor
「評価」に関連して,たまたま今週の Science にThe Misused Impact Factorという記事がある.

Hiring, faculty-promoting, and grantawarding committees can use a journal’s impact factor as a convenient shortcut to rate a paper without reading it.
...
There are no numerical shortcuts for evaluating research quality.
...
However, unless publishers, scientists, and institutions make serious efforts to change how the impact of each individual scientist’s work is determined, the scientific community will be doomed to live by the numerically driven motto, “survival by your impact factors.”

昨日書いた「個人評価のための仕組み」にも,もしかしたら,どこかの大学ではインパクトファクターが使われたりしていないのかな.私の旧職でのCOEの申請関係か何かで,自分の論文のインパクトファクターを全部調べさせられたことがある.

著作権的には,ちょっと引用しずぎかも.大丈夫かなあ.


12日追記:JanJanに日本人ノーベル賞受賞に見る日本の大学の研究環境の悪さという記事あり.
[PR]
by nobu_san | 2008-10-11 19:17 | 大学問題
<< 科研費申請サーバー 効率化は順調に進む? >>