2008年 10月 10日
効率化は順調に進む?
私の周辺にはノーベル賞に浮かれている雰囲気は全然ない.

時事通信出版局の昨日の最新の教育ニュースによると,国立大学法人評価委員会の大学評価は,

一方、30校と2機関は、教職員の個人評価を給与などに反映させる仕組みを導入済み。評価委は「運営効率化は基本的には順調に進んでいる」とした。

ということだそうだ.

はて,いったいどのような「仕組み」が検討されているのか興味深い.一方で首相や文科大臣までがノーベル賞に妙に浮かれつつも,なぜか大学の締め付けは進む.変な国だ.

まあ,「賞」を狙わ(狙え)ないような人間は「大学」には不要ということかも...
[PR]
by nobu_san | 2008-10-10 19:12 | 大学問題
<< The Misused Imp... ノーベル賞受賞インタビュー >>