2008年 05月 22日
財務省試算
宇宙基本法が通ってしまった.しかし,どうして通ってから一所懸命批判的な報道をするかね...

さて,色々あってすぐに書けなかったけど20日(火)の赤旗に「財務省試算2700億円増収」というのがあった.Google検索してみると東京新聞はホームページで19日17時55分に報じている.

国立大学の授業料を私立大学並みに引き上げれば最大2700億円の増収になり,設置基準を上回って雇用している教員の人件費分の削減2500億円と合わせて5200億円の削減になるということらしい.「浮いた財源は世界的な研究の支援,医師など国が必要とする人材育成,経済的に就学が困難な人への奨学金などに振り向けられる」としているが,どういうことかな.特に最後の案は一方で学費を上げておいて奨学金を渡すってなんだかマッチポンプ的?

しかし,高等教育の無償化勧告の完全無視は続きますね.まあ権力側に居さえすれば誰が何を言おうと「そんなのかんけーねー」でいい国ですから,どうでもいいのでしょうが...
[PR]
by nobu_san | 2008-05-22 00:23 | 大学問題
<< Open-access mor... 「宇宙基本法案」反対オンライン署名 >>