2007年 12月 19日
タンパク3000プロジェクト(その2)
先月号に引き続いて,今月号の Structure の Opinion にも構造ゲノム科学(Structural Genomics)に関するいくつかの意見が掲載されている.

残念ながらオープンアクセスにはなっていないので,大学等がオンラインアクセスの契約をしていないと見ることが出来ないが,読んでいて日本との違いを一番感じるのは,日本ではこういう「オープンな」議論が成されないまま大型のプロジェクトが実施されているということか.当事者・関係者のしっかりした議論が無いままで,どこかで色々なことが決められ実施される.だから計画がスタートしてから目的が議論されたり,いつのまにか方針が修正されていたりする.教員の任期制や国立大学の法人化なんて,その最たるものだ.

Structure誌の先月号の Editorial は,"We believe this debate is especially timely because of the ongoing need to shape PSI-3, which may or may not begin in 2010."としている.

参考までに,先月号と今月号の Opinion の記事は:

New Dimensions of Structural Proteomics: Exploring Chemical and Biological Space
Tom Blundell
Comments on the NIGMS PSI
Stephen C. Harrison
Structural Genomics: Winning the Second Half of the Game
Joël Janin
Let's Call the Whole Thing Off: Some Thoughts on the Protein Structure Initiative
Peter B. Moore
A Protein Structure (or Function ?) Initiative
John A. Gerlt

Generation of Protein Structures for the 21st Century
Raymond C. Stevens
Update on the Protein Structure Initiative
John C. Norvell and Jeremy M. Berg
Collecting Butterflies and the Protein Structure Initiative: The Right Questions?
Thomas A. Steitz
A Future for the Protein Structure Initiative
Aled M. Edwards and Elizabeth A. Edwards
Some Ill Considered Comments on the Protein Structure Initiative
Alex McPherson
Impact of Structures from the Protein Structure Initiative
Wayne A. Hendrickson

である.

そういえば,「普通」の時間帯に文科省のドメインからのアクセスがあるのはちょっと不気味.まあそんなことは無いとは思うのですが,このブログはあくまでも「匿名」なので,私の所属(と実体の私)には何も特別な「はからい」がされませんように...
[PR]
by nobu_san | 2007-12-19 00:14 | 気になること
<< もう届いた年賀状 専門バカ状態の私 >>