2007年 10月 02日
「手続は間違っていない」
沖縄の「集団自決」の教科書検定の撤回がもりあがっているが,今朝の赤旗によると森山都留男・教科書検定調整専門官は「検定の手続きは間違っていない」と主張しているという.

渡海紀三朗文部科学相は,中立公平な判断が必要なので
「審議会に聞く」
として教科用図書検定調査審議会に諮る「手続」を提案しているらしい.

昨日のテレビ報道では,この問題については審議会では文科省側の報告を聞いて特に異論が出なかっただけで何も議論は無かったという.なんだろうこの「手続論」は...

まだ直接関与した人達が生き残っていて,証言出来る「今」でも,問題は「真偽」ではなくて「手続」なのか.私には全く理解不能.
[PR]
by nobu_san | 2007-10-02 22:32 | 憲法・平和
<< 男女共同参画と任期制 白い廃墟とは >>