2004年 07月 06日
大学職員の超勤手当問題
5日の朝日新聞が「国立大病院,超勤手当不足数十億円に 法人化で給与変更」と報道した.

「4月からの法人化に伴い給与の算定方法が変わり、新たに医師への支払いを迫られたことが原因で、全国の不足額は数十億円にのぼるとみられる。」としている.注意すべきは,4月からの法人化で「働き方」が変わったわけではなく,これまでは教育職の「国家公務員」であったため,いくら超勤をしても(させられても)超勤費が出なかっただけのことだということ.

法人化に伴い非公務員化され,大学教員の超勤も人事院規則でなく労働基準法で定められることになった.大学は医師を含めた教員に「超勤手当の発生しない」裁量労働制を適用しようとしたが,厚生労働省が「急患などがある医師は、勤務時間を裁量で決められない」とし,人件費の急増を警戒する文科省が折衝したが受け入れられなかった.このため,医師の給与支払いに困っている,というのだ.本来国に責任があるが,これを国が負担するとは考えにくく,「将来的には学費値上げなど収入を増やす方法も考えないといけないかもしれない」という大学もあるという.

今回,病院の医師のことのみが表面化した形だ.多くの国立大学では,法人化時に教員には「超勤手当の発生しない」裁量労働制を導入してなんとかしのいでいるが,それ以外の一般職員の膨大な不払い残業だけでも,きちんと支払ったらいったいどうなるのか想像も出来ない.某大学でも,4月以降一部部局で職員から「正規」に超勤手当を請求されて青くなっているという.

文科省批判ばかりで申し訳ないが,朝日新聞の報道の最後の部分が面白い.

文科省人事課は「大学と相談しながら、必要な対策をとっていきたい。厳しい状況であることは理解しているが、医師にも裁量労働制が適用されるよう、厚労省への働きかけは続ける」と言う。厚労省賃金時間課は「裁量労働制は経費減らしのための制度ではない。適用範囲を広げることは、働いた分の給与を受け取るという原則をゆがめるので認められない」と話している。

ということだ.

ところで,「裁量労働制」の教員の給与は高いか.半分冗談(半分本気)で,企業に自分を引き抜かないかと話を振ると,「うちではとても先生の給料は払えません」と言う.そこで,私がいくらもらっていると思っているの,と聞いてみたら,だいたい私の給与の倍以上を想像している場合が多い.大学の教員だからといってもそれほど自由でもなく,「みなし8時間」で,一日だいたい12時間以上「労働」している私としては,「倍」もくれなくても心が動きそう...
[PR]
by nobu_san | 2004-07-06 22:51 | 大学問題
<< 大学職員の超勤手当問題(その2) 優れた教育改革 = 貧困なアイデア? >>