2007年 05月 19日
北大を去るにあたって
今月末で北大を去る.
なにかと残務処理があって,ここも更新出来ていない.研究室の荷物の整理をやっと今日から初めた.ガラクタが結構あって面倒.間に合うのだろうか.先日,頼まれて組合の機関誌に標記の投稿をした.練れてないし,ろくな文章ではないが,あまり更新出来ないのも寂しいので,ここにも掲載.考えてみたら「異動」ってのも間違いでしょうか.


6月1日付で※※大学に異動することになりました.

北大に来て一ヶ月くらいのうちには組合に入ったかなと思っていましたが,寒冷地手当「北大事件」の審問調書を作成する際に調べてもらったら,どうも着任直後に加入していたようです.理学部の組合掲示板を見て書記局に電話したら,※※さんがすぐに加入届を持ってやって来てくれました.その時,北大職組の組織率を聞いて「ちょっと失敗したかな」と思った記憶があります.予感はみごとに当って,北大に在籍した7年半の間に4期執行委員に出ました.特に,後半の3期は法人化前後の大学の大きな変化に遭遇し,なかなか面白い経験をさせてもらいました.

労働問題は専門でもないので「なんでそんなことを知っているの」と訊かれることがあります.法人化にともない非公務員となり,大学に対して労働者としての権利をちゃんと主張するには労働法の知識が必要です.私は,法人化の時,寒冷地手当問題の時,折々に必要に迫られたくさん勉強しました.世間の普通の労働組合では,中学,高校しか出ていないような人達も頑張っています.北大職組は大卒や,さらには大学教員が主力の組合です.どうぞみなさんしっかり学んで活動して下さい.役員だけに任せておかず「学べ,学べ,どんどん学べ」です.大学のような職場では,例え少数組合であっても個々の組合員が学んで意識を高めることが,過半数組合を追求して数を力にするより重要ではないかと思っています.

「学べ」といえば,ずっと気になっていることがあります.それば大学関係者の中に「大学が独法化され...」と言う人が結構多いということです.先の総長選考の意向投票の候補者の所信表明の中にも観られました.下手をすると組合員の作成する文書にも出てきます.私達は国立大学の法人化に反対しました.特に大学が独立行政法人の枠組にそのまま入れられてしまうことには強く反対したはずです.結局法人化されてしまいましたが,それでも国立大学法人は独立行政法人とは違う仕組みになりました.もしも大学が独立行政法人なのであれば,大学教職員による総長選考なんてあり得ないのです.定員削減を決めた先の行革法をみても,国は両者の違いをあいまいにしようとしています.だから,私達はその違いをしっかり認識しておく必要があると思います.

異動先は※※大学が学内措置で設置した「※※」の※※部門です.先日,辞職願を総長宛に書いて提出しました.異動命令ではないんですね.法人化を個人レベルでも実感しました.

[PR]
by nobu_san | 2007-05-19 22:06 | 大学問題
<< 引越しと参議院選挙 野依さん頑張れ! その2 >>