2007年 03月 03日
君が代伴奏拒否裁判から
判決や,時期についての疑問はともかく,国立大学法人化に反対していた私としては,最高裁判決で藤田宙靖氏の名前が出て来ると,ついつい注目してしまう.
今回の棄却判決では,5人の裁判官中唯一の反対意見をつけた.

「このような信念・信条を抱く者に対して公的儀式における斉唱への協力を強制することが,当人の信念・信条そのものに対する直接的抑圧となることは,明白」,「上告人に対してピアノ伴奏を命じる職務命令と上告人の思想・良心の自由との関係については,こういった見地から更に慎重な検討が加えられるべき」

というようなものだ.国立大学の法人化の時にも,ジュリスト論文のような状況解説だけではなくて,もうちょっとこうした「普通」の疑問も表明してくれていれば,と思ったりする.もはや過去のことだが...
[PR]
by nobu_san | 2007-03-03 22:27 | 憲法・平和
<< 振興調整費「若手研究者の自立的... 子供とweb検索授業 >>