2006年 12月 29日
戦争への道を歩み始めた年
今日の道新の夕刊に桂敬一がニュースへの視点で『「戦争への道」のでき方』として,マスメディアが教育基本法採決後に問題点を書き立て,衆参両院採決までの間は積極的に報道して来なかったことを「喧嘩過ぎての棒千切れ」と批判している.

私の属しているあるメールリストに茨城新聞のコラムの内容が流れた.たぶん12月18日前後のものだが,

「戦後からの脱却」を唱え、現行教育基本法の性格を一八〇度転換した安倍内閣は、国民をどこへ連れていこうとしているのか▼「我が国と郷土を愛する態度を養う」といった「徳目」を基本法に書き込むことの是非について、誰もがもっと深く考えるべきだった。国の関与と統制の強化は、疲れている教師をさらに追い込み、子どもたちの内心を侵すことになる▼憲法が規定する理念の実現は「教育の力にまつべきものである」とした現行法前文の一節は、丸ごと削除された。「個」から「公」へ、国にとって都合の良い人材の育成を目指す新基本法は、もう「教育の憲法」とは呼べない▼戦後の大切な「宝」が葬られた。編集者の一人として、改定基本法の危険性を訴え、紙面に反映できなかった力不足を謝罪したい。

というものだ.

やはりそのメールリストに,国会周辺とかで事件を起こしてでもメディアに取り上げさせることをしなかった我々の闘い方を「インテリのやり方」と批判している人が居る.テロリストの気持ちは,まさにそういうものだろうか.

来年はどういう年になるのだろうか...
[PR]
by nobu_san | 2006-12-29 23:05 | 憲法・平和
<< 選挙と労基法「改正」 委員会採決 >>