2006年 12月 14日
委員会採決
教育基本法案,防衛省法案が参院委員会で可決された.前者についてはまだ明日の本会議での攻防に期待したいが,成立すればこれまで違法だった「美しい国」への道が合法となる.学生は呆れるのかも知れないが,最後の「反対」メールを送った.

道新夕刊によれば,防衛省法には「シビリアンコントロールの徹底などを政府に求める」付帯決議が付いたらしい.教育基本法は強行採決だったから付帯決議はないのかな.

私がこれまで成立に反対した法案は,おそらくすべて付帯決議が懸念するとおりの運用がされて来た.付帯決議は,まさに議員のアリバイ作りのため以外の何ものでもなく,「経験」によれば付帯決議を見ればその法律が実際にはどのように使われるかが分かる.

委員会可決を知った近くの研究室の若い助手は「この国では子供はいらない」と話していた.うちには2人の子が居る.この子らに,私はどういう形で責任をとれば良いだろう.
[PR]
by nobu_san | 2006-12-14 22:43 | 憲法・平和
<< 戦争への道を歩み始めた年 教育基本法改悪反対デモと学生 >>