2006年 11月 23日
「反対」の意思表明の機会
また,ある国際会議に出席している.

20分の講演の機会が与えられていたので,最後のacknowledgementのスライドの下に,
Nay! to rewriting the Fundamental Law of Education
として「日本人の出席者へのメッセージです」として講演を終えたが,今ひとつ反応は鈍かった.懇親会で話をしたオーストラリア人の知り合いには,何の事?と訊かれたが...

後で出席者に訊いたら,座長(実はうちの教授)は渋い顔をしていたということだが,あまりピンと来なかったということだった.どうせやるなら遠慮しないで漢字で「教育基本法改正反対」と書いてみれば良かった.

自分でも,なんだかアリバイ作りの感じがして来たが,少しでも「露出」出来る機会は利用したい.
[PR]
by nobu_san | 2006-11-23 04:25 | 憲法・平和
<< とにかく安ければいい 教育基本法特別委員会通過 >>