2006年 10月 24日
大学授業料と教育基本法
23日の赤旗によると,国大協は,来年度の国立大学の授業料標準額の値上げに反対することを求める緊急要望書を文部科学大臣に提出した.財務省はまた授業料を上げしようとしているのか...

国大協は授業料値上げなら反対要望書を出せるのか.うちの総長は教育基本法「改正」反対は「国大協を通じて」ということだったが,今のところ国大協がそうした「緊急要望書」を出したとは聞かない.

しかし,国立大学の学長は教育基本法の改正案を読んだことがあるのだろうか.もしかしたら,大学は教育基本法とは関係ないと思っているのではないだろうか.授業料の値上げのような「金」がらみだとすぐに反応出来て,なぜ教育基本法には反応できないのだろう.「改正」案16条(現行法10条)は大学にも及ぶし,「改正」案では7条に大学も規定される.


北海道の人事委員会は,中学の卒業式で君が代演奏のカセットテープを止め教育委員会が懲戒戒告処分にした教諭について処分取り消しを採決した.学習指導要領の日の丸君が代指導条項の法的拘束力を否定している.(道新23日夕刊一面トップ記事)
[PR]
by nobu_san | 2006-10-24 00:24 | 大学問題
<< 「教育基本法を変えてはいけない... 教育基本法「改正」:現場の声 >>