2004年 06月 12日
首相と「教育」
シーアイランドサミットで小泉首相が多国籍軍への自衛隊の参加を表明した.国連新決議の下でとはいえ,憲法との関係は「普通」の感覚では容易には理解出来ない.

小泉首相は,常々「私が正しいと思う」ということが全てであるという「やり方」を国民に示し続けている.まともな論理は何も無い.非常に不思議なことに,TVが入っている国会中継でも平気だ.

「あなたと私は意見が違う.でも私の方が権力を持っているのだから好きにさせてもらう.」

さて,一国の首相がこれを範として示している国の子供たちに,影響は無いのだろうか.
[PR]
by nobu_san | 2004-06-12 21:38 | 気になること
<< 自衛隊より「災害救助隊」 やっぱり煙い運動会 >>