2006年 09月 22日
国大協を通じて...
うちの組合の新4役が総長に会見した際に,教育基本法「改正」問題について,学問の自由・大学の自治を守る立場からも反対を表明するように要請したところ「国大協を通じて働きかける」という回答だったと伝えられた.まあ予想された回答か.そして「反対」ではあるということは確認されたということだろうか.

しかし,一国立大学の総長として個人的に反対を表明することの意味に対して理解を得られなかったことは残念だ.

たまたま今日から全大教の教研集会に来ているが,基調報告で国大協が「国立大学」を代表する組織としての位置を失って来ていることが話された.
[PR]
by nobu_san | 2006-09-22 22:00 | 憲法・平和
<< 喫煙環境整備の続き 東京地裁判決 >>