2006年 09月 21日
東京地裁判決
今日の「日の丸・君が代」問題予防訴訟東京地裁判決をwebでニュースを見ていたうちの学生は「この裁判長は出世する気がないのかな」と.都は控訴するらしいし,どうせ高裁でひっくり返るんだろうなと思って見ていた私.

しかし,過去の人になりつつある小泉首相は相変わらずで,「法律以前の問題じゃないですかね」というコメント.どうしてその場で『「法律以前の問題」を通達や職務命令という権力で縛り,違反者を処分していた都をどう考えるのか』くらいの質問が出来ないか...そのまま「事実」として無批判に報じる価値があるのだろうか.単純に「そうだよねえ...」という気持ちになる視聴者が居ないとも限らない.

次期国会で重要課題にされている教育基本法「改正」.この判決は,同法が禁じた「不当な支配」の条項を早く除かなければという動きをさらに加速することになるのか.この判決で,教育基本法の行く末にさらに危機感を深める哀しさ...
[PR]
by nobu_san | 2006-09-21 23:28 | 憲法・平和
<< 国大協を通じて... OECD「図表で見る教育」 >>