2006年 09月 13日
教育基本法改悪反対
先日の理学部玄関の喫煙場所について学部長(研究院長)に出したメールは学生委員会に回され,教務係から事情説明が来た.その同じメールの最後に,教育基本法改正反対教授会決議の提案をうちの学部(研究院)で「やってみる可能性があるでしょうか」と書いてみていたが,そっちは別にコメントはいただけていない.もっとも,赴任して来て法人化前から付き合っているうちの教授会の場合まず無理だろうと思って本文の後に()に入れて書いてしまった...

8月20日の「総長への手紙」が全大教の高等教育フォーラムMLで9月8日に紹介された.それでどのくらいアクセスが増えるのだろうと思ってみてみたら,普段と全く変わらない...あのメールリストの読者数がどのくらいか知らないのだが,以前ある記事が「全国国公私立大学の事件情報」に紹介されたら数日間は明らかにアクセスが伸びたので,高等教育フォーラムMLの影響力が小さいのか,はたまた大学関係者と思われるML読者の教育基本法への関心が低いのか.そういえば,しばらく前に全大教が提起している反対署名を学内で集めてみたが,妙に関心が低かった.

何か画期的な方法が無いか.

組合の4役が交代したので総長と会見するというので,教育基本法問題も是非話題にしてとお願いしているが,「和解」してあげた組合からも要請したら総長は動いてくれるだろうか.

それにしても,新聞,ML,TV等,私の接している範囲の情報では教育基本法「改正」反対の意見が目立つ.それでも「改正」されようといている.当然,沈黙は賛成と数えられる.
[PR]
by nobu_san | 2006-09-13 23:55 | 憲法・平和
<< OECD「図表で見る教育」 ひさびさに喫煙問題 >>