2006年 09月 09日
ひさびさに喫煙問題
a0017004_14503995.jpg健康増進法施行後も3年以上放置されていた理学部低層棟入り口の喫煙場所に喫煙室を設置する工事が実施されています.
守衛所も移設され,この場所がたぶん理学部の玄関ということなんだと思います.不特定多数の人が通過する場所ですので,これまでなし崩し的に喫煙場所になっていた所に,やっと理学部も対処するんだ,と期待していました.排気口には当然それなりのフィルター(効果はそれほど期待できないにしても)が設置されるか,排気位置に工夫されるものと思ってみていましたが,近づいて観てみると,なんと換気扇が設置されているだけです.工事の人に訊いたところ,これで工事は終わりとのことで,特に今後そのようなフィルターの設置がされるような予定はなさそうでした.結局分煙対策なのではなくて,喫煙者が冬寒いのを保護するための工事だったようです...a0017004_14511628.jpg

学部長(研究科長)に供用前の改善を求めるメールを出してみました.
しかし,こういうことをどうしていちいち私たちが指摘しないとダメなんでしょうか...

まあ,うちの大学の場合,附属病院では救急外来玄関付近が開放空間での喫煙場所になっていて,「最先端」医療施設としては非常に興味深い状態になっていますし,所詮今の北海道では公共施設での分煙・禁煙は無理な話なのかも知れません...
(右の写真で,撮影している私の後ろで「何やってんの」って見ているのは理学部の守衛さん)

9月11日追記:研究科長宛のメールがまわって,教務係から説明に来られました.これは,「玄関先での開放空間での喫煙はいかがなものか」という学生の投書がもとで始まったことのようです.設置場所(私は玄関が喫煙場所にふさわしいとは思わない)の関係で排気ダクトがうまく繋げなかったので,とりあえずこうなっているそうです.排気方法については今後も検討するのだそうです.そんな中途半端なままでなにも造ってしまわなくてもと思いますし,本来は学内全面禁煙を望みますが,学生ばかりでなく教員にもいろんな人が居て,喫煙問題はなかなか解消されません.日本一の観光大学ですから,全学禁煙にして「空気のおいしい大学」なんて宣伝すればいいのに...
[PR]
by nobu_san | 2006-09-09 14:55 | 嫌煙
<< 教育基本法改悪反対 今はとりあえず憲法より教育基本... >>