2006年 06月 29日
締め切り生活
ある学会の要旨登録の締め切りが延びた.助かった...

徹夜の出張実験に,今年から始まった大学院の講義が2つ重なったことに加えて,急に明日が締め切りの予算申請を出すことになって,この2週間ほどは本当に辛かった.

ここ数年,いつ倒れてもいいように出来るだけ業務日誌を残している(まあ,倒れても労災になることも無いんだろうし,実際には無駄に過ごさないように時間管理したいためだが)が,この数週間は,またひどいことになっている.もっとも組合の仕事も結構あったので,実際の「労働」時間としては普段とそんなに変わらない程度か.しかし,学会の要旨もそうだが「忙しい」の中には研究室の学生のために使った時間があまりない.問題だと思いながらも外の締め切りの対応を先にさせてもらって,学生の締め切りを後回しにしてしまっている.自分自身の仕事や勉強はさらに後回しになっているが,どうにもならない.いったい毎日何をやっているんだろう?

年間いくつぐらいの「締め切り」があるんだか.しかし,こんな生活をしている大学教員は,今時そんなに珍しくもないんだろうか.みんな「忙しい」が挨拶になっている.今日もある年配の教授と話していて,「自分が教員になったころは,こんなじゃなかった」と聞かされた.(もっとも私が初めて採用された職場では「一日は24時間あるから,16時間働いても8時間は自分の仕事が出来る」と言われた人が居るという噂があったので,昔は良かったは大学だけかも...)

#なんだ,結局気晴らしに愚痴を書いていただけか...ごめんなさい...
[PR]
by nobu_san | 2006-06-29 23:48 | 大学問題
<< やっぱりお金が一番? 学内便の文化 >>