2006年 05月 22日
科学と軍事研究
先週,東京ビッグサイトで開催されていた「国際バイオEXPO」に行って来たうちのポスドクが,某人材派遣会社のパンフレットをもらって来た.

なんと,それの一ページ目の見出しが

産業や学術研究、
さらには軍事の世界まで伸展する
外部スペシャリストの活躍。

となっている.

人材派遣会社が企業の宣伝に使うパンフレットに「軍事」がさらっと出て来ていることに非常な驚きを感じた.当然この会社は企業イメージの向上になると思って使っているのだろうし,そうだとすると,もしかしたら現在の社会一般には科学の軍事利用にはさほど抵抗感が無いということだろうか.

たとえ科学技術が活かされている「軍事」技術が高度な先端テクノロジーを意味するものであったとしても,その技術の向かう先にあるものは単に人の死だろう.そういった想像力を欠いて,自身の科学技術を磨く者を評価したくはない...
[PR]
by nobu_san | 2006-05-22 21:50 | 憲法・平和
<< 教育基本法改悪反対署名活動感想 歴史は繰り返すか >>