2006年 05月 02日
メーデー
メーデーの集会とデモ行進(道労連系)に参加して来た.今年も昨年同様の雨で寒いメーデーだった.教育基本法改悪反対のパフォーマンスや,ある会社を不当に雇い止めされた労働者がリアルな連帯の挨拶をしたのが印象に残った.北海道新聞の夕刊では「将来に不安,政府に怒り」との見出しで報じられていた.連合系も高橋知事を招待せず,距離を置いたらしい.

何系にせよ「メーデーだ」といってお祭りデモ行進出来るような現状は,まだ良いのかも知れない.ホワイトカラーエグゼンプションに代表される労働基準法の改悪が進められようとしている.もしかしたら,数年後にはお祭り騒ぎでなく,原点に戻ったメーデーが開催されるような世の中になっているのかも知れない.

ところで,実は私は休暇を取って集会とデモに参加したのだが,あとで良く考えたら,公務員で無くなってスト権を獲得したのだから,メーデー参加(1日ストライキ)で年休を取らなくても良かったのかしら.国立大学教職員のみなさんはどうしているのでしょう?
[PR]
by nobu_san | 2006-05-02 00:24 | 憲法・平和
<< 憲法記念日 大学改革GPナビ−Good P... >>