2006年 04月 12日
結局は独立行政法人だった
11日に国立大学法人法反対首都圏ネットワーク事務局が配信した情報に,2月24日の衆議院文部科学委員会、および4月7日の衆議院行政改革特別委員会での質疑の抄録がありました.

へ理屈としては,なかなか面白いのでリンクしておきます.どうぞ読んでみて下さい.

議事録に直接あたってみていないですが,この抄録によれば,石川高等教育局長は「独立行政法人であります国立大学法人を含めました公的部門全体のスリム化を図る、こういった趣旨」と答弁している.なあんだ,やっぱりそうだったのか...

うちの大学も出て来ますが,うちの大学も「国民」(=文科省,総務省,=/=市民)の目を非常に気にしているようです...

中馬大臣の「大学の様々な職種の中で車の運転手などアウトソーシング可能な部分」なんて答弁がありますが,そんな職員を切り代としてたくさん温存できている大学がまだあるんでしょうか.
[PR]
by nobu_san | 2006-04-12 22:47 | 大学問題
<< 上意下逹 静かに迎えたエイプリルフール >>