2006年 03月 22日
公務員の労働基本権
公務員への労働基本権の付与が議論される.(朝日読売

しかし,非公務員となった国立大学法人でさえ,その「経営者」が世間の公務員バッシングを,公務員準拠で教職員の労働条件を下げる理由にするくらいだ.スト権を奪還した公務員がそれを武器に使えるのかなあ.政府には,「これだけ公務員を叩いておけば,労働基本権くらい返してやってもどうせ大したことは出来ないだろう」という読みもあるんだろうか.

熊本大学では,大幅賃下げに反対して20日に教職員組合がデモ行進しているが,残念ながら,こういう示威行動は今の大学ではめずらしい.


そういえば,昨年の人勧と給与法の改定を受けて実施した0.3%の給与削減の根拠の一つとして,我が大学が(公務員バッシングを煽っている政府の意思として)道労委に提出した証拠資料の中に,昨年の9月28日の閣議決定がある.しかし,首相官邸ホームページを観ると,これは「持ち回り閣議案件」だったようだ.ということは,実際には内閣でこれについてはきちんと「議論」もされて無いのだろうか...どうりで「法」を無視した決定になっている訳だ...


ストといえば,フランスの学生のストの報道がTVでもされるようになって来ました.
それから,明日の航空労組のストはどうなるのかなあ.ちなみに私の乗る予定の便は欠航が予定されているし...
[PR]
by nobu_san | 2006-03-22 22:42 | 大学問題
<< 「行革」法案 フランスの雇用政策反対学生スト >>