2006年 03月 12日
フランスの雇用政策反対学生スト
フランスでは政府の雇用政策に反対して45大学でストが行われているらしいが,日本での報道(朝日毎日読売日経赤旗CNN)は目立たない.

このストライキ,今年の1月にドビルパン首相が導入を決めた,26歳未満の場合試用期間2年間の解雇を容易にした初採用契約(CPE)に反対するものだが,これからどうなるのだろう.今年は大統領選挙もあるし.Google検索では市絛三紗さんのうるわしのブルターニュというblogで紹介されているのがみつかった.

日本でもホワイトカラー・エグゼンプションや解雇の金銭解決とか,労働契約法制の「改悪」が進められようとしているが,学生もだが労働者の反応もいまいちの気がする.
大丈夫かな.
[PR]
by nobu_san | 2006-03-12 23:27 | 大学問題
<< 公務員の労働基本権 中期目標・計画 >>