2006年 01月 24日
公務員削減と国立大学法人職員
国立大学法人の教職員も,公務員の5%純減に合わせて削減するのか.国立大学が,自ら定めた(はずの)「中期目標・中期計画」を修正してまで,それに従うのかどうかが話題になっている.

正直なところは,いいかげん付き合うのが嫌になっているので,どうにでも好きなようにしたらいい,という感じだ.将来の大学にとっては,効率化の議論が最も重要なのであり,40人相手の教育がうまく行かないなんて悩んでいる必要なんて,おそらくないのである.

ちなみに今日の夕方,私の所属の学科の教務委員会(教室会議)では,専攻(学科)事務室の廃止予定が報告された.合わせて学科の図書室も全て廃止される.学部の中央事務に統合された後も教務関係や予算執行関係は引き続き対応されるということだが,おそらく会議出席者の誰一人信じていない.もとはと言えば,職員数の削減,効率化に対応するためのものだ.報告書では教員も「痛みに耐えよ」とされていたのである.議論され検討されるのはせいぜい「仕事」のリストであり,実際の距離や,歴史に基づく個々の職員の持っている自負やノウハウ,そして教員と事務職員の間の互いの信頼関係のような数値化されないものは顧みられることはない.
[PR]
by nobu_san | 2006-01-24 01:15 | 大学問題
<< 「記憶にありません」 授業 >>