2006年 01月 18日
授業
学期末が近付いて,学生による授業評価アンケートを実施する時期が来た.

毎年の私の授業の評価は,決して良くない.評価アンケートの自由記述欄には,一定の割合で「授業進行が速すぎる」という批判が書かれる.毎回,これでも速かったか,とまた反省することになる.学期の始めには「今回はゆっくりやってみよう」と意識して始め,学生に質問しながら「授業」をしてみるのだが,何回かの質問に学生が無反応であるとくじけて「講義」になってしまう.

シラバスの注意事項にも書いているし,毎年一回目の授業時間の最初に「教科書が指定されている授業なので,予習してあることを前提に講義するよ」と説明し「教科書に書いてあることの意味は実はこういうことだ」という感じで進めたいのだが,もう一工夫必要か.しかし「教科書を読めば分かること」を丁寧に説明するのでは面白くないし.いいアイデアが無いか.何を質問してみても全くレスポンスの無い学生と,小テストもいつも満点で,講義室の前の方に座ってノートも取らずに私の話を聞いている学生のバランスもどうしたものか.FDにも参加したことはあるのだが...

しかし,今日は時間配分に失敗して時間が余ったので,復習を兼ねて質問をしながら少し議論してみようとしたら「早く終われ」というし,どうも良く分からない...おしまいに,何か質問はないですかと訊いてみたら「追試はあるのですか」と来た.それはないだろう...

しかし,なぜか妙に出席率だけは高い...
[PR]
by nobu_san | 2006-01-18 23:34 | 大学問題
<< 公務員削減と国立大学法人職員 小泉首相の軍隊 >>