2006年 01月 16日
小泉首相の軍隊
陸上自衛隊が米海兵隊の第一遠征軍の指導のもとで離島奪還訓練を実施している.

訓練は,他国の部隊に侵攻された日本の離島を奪還することを想定しており,離島防衛を目的とした日米共同訓練は過去に例がなく,米国本土での米海兵隊と陸自の実動訓練は初めてである.なぜ,今,そういう訓練を実施するのかは当然各国の興味を引く.TVのニュース報道を見ていたら,記者会見でも「なぜ」が問われていた.もちろん問いたいのは中国を意識してのことかとかいうことであろう.

しかし,外国の記者に「なぜ,離島奪還訓練が必要なのか」と訊かれて,自衛隊の広報担当武官は「離島が侵攻されたら,奪還しないといけないから」というような説明をしていた.諸外国の記者(国民も)には,あの質疑応答はどう見えたんだろうか.私自身は,指揮監督者である小泉首相の影響が答弁法にも現れていて,小泉首相の軍隊の広報担当らしい説明だと「納得」したのだが...
[PR]
by nobu_san | 2006-01-16 00:01 | 憲法・平和
<< 授業 いまどきの「常識」 >>