2004年 05月 18日
国立大学法人の数値目標
国立大学法人評価委員会に具体性に欠けると文句をつけられて,各国立大学法人が中期目標・計画を修正し「数値目標」を追加しましたが,この内容が結構笑えます.

共同通信の詳報による各国立大が今回の原案で新たに加えた数値目標や「特色ある計画」の中には次のようなものがあります.

  • 大学院で2005年度から優秀な成績を収めた学生の表彰制度創設(北見工業大)
  • 女性の採用・登用を拡大、教職員の20%になるよう努力(岩手大)
  • 卒業生の大学評価と、卒業生に対する社会の評価の調査を継続的に実施(秋田大)
  • 1年間で5件以上の学部横断的プロジェクト研究を目指す(山形大)
  • 医師国家試験で合格率90%以上を維持(筑波大)
  • 地域との多様な連携を60件以上実施(東京農工大)
  • 学習到達度の指標として、学内英語統一テストなど全学的基準を設定、活用(横浜国立大)
  • 学生サービス向上のためトイレの自動洗浄化などを計画的に実施(長岡技術科学大)
  • 特許取得数拡大を目指す。本年度25件、中期目標期間中に倍増(静岡大)
  • 全教員の個人評価を試行し、06年度から実施(名古屋工業大)
  • 全授業の2分の1以上を公開授業として地域住民に提供する(高岡短大)
  • 非常勤講師依存率を法人化前の50%をめどに減少。石川県や金沢の地域性を生かした日本文化体験型の教育プログラムの充実(金沢大)
  • 留学生受け入れを2割増加(兵庫教育大)
  • 3次被ばく医療機関としての機能を整備(広島大)
  • 卒業研究は原則として一般に公開、社会的評価を受ける。南海大震災を想定、自治体などと防災の準備を整える(高知大)
  • 司法試験で法科大学院が全国平均を上回る合格率を目指す(熊本大)
  • 大学を基盤とするスポーツクラブを創設(鹿屋体育大)
  • 特化型研究プロジェクト推進のため、学部横断型の「特別研究推進機構」を学長直轄で設置(琉球大)

どうです? 大学の「具体的」目標としては,結構笑えるでしょ.

どうせなら,6年間で「政府・文科省に批判的コメントをすることが出来る教員を**%増やす」とか書けばいいのに...
[PR]
by nobu_san | 2004-05-18 23:50 | 大学問題
<< 文部科学副大臣 「求心力」のないファシズム >>