2005年 12月 05日
国の予算作成ゲーム
今日の道新の夕刊の「今日の話題」に,財務省ホームページに「財務大臣になって予算を作ろう!」というゲームがあることが紹介されていた.

ゲームの新年度の予算作成で「教育」や「科学技術振興」とかで,予算増した時の「国民」の疑問の内容も面白い.例えば教育予算で「学校がぼろぼろだよ」という国民の声に対して予算増すると,「先生が増えて教育がよくなるのかしら?」となり,科学技術振興予算を増額すると,「これで私たちの生活のどこが良くなるの?」となる.

危機的財政状況を国民に宣伝しようということなのだろうが,結局,大増税して,公共事業を削減しなければプライマリーバランス赤字が無くならない.「ね.こんなに大変なんですよ.だから文句を言わないでね」ということか.道新のコラムのタイトルは「借金地獄ゲーム」ということで,過去の政府・財政当局が責任を負うべき国の借金地獄を人ごとのようにPRしている点を批判している.


さて,大学のホームページにも,組合対策用にこういうゲームを置いてはどうでしょう...
運営費交付金削減の絶対条件下で,入学料を上げ,人員削減か給与削減するしかない大学の状況が良く理解してもらえるのでは,と思うのですが...
[PR]
by nobu_san | 2005-12-05 23:48 | 気になること
<< ニューヨーク市営交通ストライキ 人勧準拠は続く... >>