2005年 11月 30日
人勧準拠は続く...
わが大学は,昨日の29日付けで人事院勧告に従って給与規程を改定し,今日教職員に通知しました.

過半数代表者の半数以上から「意見書」をもらえなかったことや,大学としてはめずらしく?「組合」のことにも触れていますね...書かれているように,この問題について組合は協議していません.正確には,協議方法の交渉というより,『法人化後初めての給与本体の改定(去年寒冷地「手当」はあったが)という非常に重大な問題なので短期間ではきちんと協議は出来ない』として,12月1日施行予定という期限の延期を求める交渉をしたものです.「お知らせ」の書き方は,ちょっとニュアンスが違うように思います.いずれにせよ,削減内容自体の交渉には入れなかったのは確かです...(ご興味があれば,詳細は組合のホームページを参照して下さい.)

以下,所属部局の庶務係から送られて来た通知文.


                    平成17年11月29日

北海道大学職員各位

                      理事・事務局長
                        遠 藤  啓

職員給与改定に伴う本学職員給与規程等の改正について(お知らせ)

 この度の職員給与の改定については、平成17年11月4日付けで職
員各位に改定理由とその骨子をお知らせし、併せて過半数代表者等への
説明や意見聴取等を経て、決定していきたい旨、お知らせしていたとこ
ろです。

 去る11月9日の午後1時から各事業所の過半数代表者に対して、同
日午後3時30分からは本学教職員組合に対して、本学職員給与規程
(案)等をお示しし、職員各位にお知らせした今回の給与改定について
の内容とその理由を説明いたしました。また、本学教職員組合とはその
後の11月22日及び28日に本件に関する団体交渉を行いました。
 過半数代表者からの意見聴取では、11事業所中4事業所から意見提
示をいただいており、7事業所からは意見提示はしない旨の表明が出さ
れております。

 教職員組合との交渉では、改正内容に入る前に協議の方法について交
渉したいが時間が、足りない協議の方法の議論がクリアにならないうち
に内容の協議に応じられないとして、今回の本学の給与改定には同意は
得られませんでした。

 しかし、今回の改定案は、先にお知らせしましたとおり、国立大学法
人が準用する独立行政法人通則法第63条第3項「法人の業務の実績を
考慮し、かつ、社会一般の情勢に適合したものとなるよう定めなければ
ならない」との規定の趣旨、法人移行時に国家公務員の給与支給水準を
ほぼ踏襲した本学にとって、人事院勧告は社会一般の情勢に適合させる
うえでも重要な判断材料であるとの考え方、「役職員の給与改定について
は、国家公務員の給与水準を十分考慮して適正な給与水準とするよう要
請する。」との閣議決定の趣旨、更には、公的部門全体の総人件費の削減
を求める公的セクターに対する厳しい環境などを踏まえるとともに、社
会的に説明できる範囲内で、職員の被る不利益にできるだけ配慮して提
案してきたものです。

 本学としましては、以上を総合的に勘案した結果、先にお知らせした
改正内容にて、この度の職員給与改定を行うことを決定いたしましたの
で、職員各位にお知らせするとともに、ご理解をお願いいたします。

 なお、改正規程案は、本学ホームページ(学内向け:就業規則等)に
掲載済みであり、過半数代表者からの意見は、後日、本学ホームページ
(同)に掲載予定としております。

 また、役員の給与改定については、俸給月額の減額改定のみとし、本
年12月期の期末手当の増額改定は行わないことにしております。


毎度くどいですが,このblogは「匿名」のつもりです...

帰宅したら,うちの家にも天井にアスベストが使用されているという通知が来ていました.飛散量は無く,問題無いとのことですが,まだ子どもも小さいので嫌ですねえ.今まで半ば人ごととしてニュースを見ていたのですが...
[PR]
by nobu_san | 2005-11-30 22:56 | 大学問題
<< 国の予算作成ゲーム 人勧準拠の場合の給与総額試算 >>