2005年 11月 08日
こんどは入学料か...
朝日新聞等が伝えたところによると,国は,今度は来年度国立大学の入学料の値上げを検討しているらしい.

授業料で起こったことが,また入学料で起こるのか.国大協総会で文科省の担当者が「非公式に財務省から値上げを求められている」と明らかにした,とのことだが,そこでの各大学の学長の態度はどういうものだったのだろうか.

私はすっかり忘れていましたが,意見広告の会のメールリストによると,5月12日の参院文教科学委員会で中山文科大臣(当時)は,

この国立大学の入学金につきましても、従来から私立大学の入学料の水準などの社会経済情勢の変化等を総合的に勘案して改定を行ってきたところでございまして、最近の私立大学の入学料の平均額は低下傾向にありまして、国立大学の入学料とほぼ同額になっているわけでございます。正にこのような状況から国立大学の入学料は平成十四年度以降据置きとなっているわけでございまして、平成十八年度入学者につきましても入学料標準額の改定を行わないこととしたところでございます。

と答弁していますね.

入学料は現在282,000円.すでに私立大学の平均より2,200円高いらしい.

結局,国立大学法人化とは,いったい何だったのか.
[PR]
by nobu_san | 2005-11-08 09:20 | 大学問題
<< 税金の使い道としての大学:入学... 今年の人事院勧告と大学 >>