2005年 10月 18日
給与に関する説明会
昨日の昼休みにうちの大学の「給与に関する説明会」があった.

最初に労務担当理事が「どうするかは検討中だが,状況説明をする」との前置きの後,人事課長が今年の人事院勧告の内容について詳細に説明をした.

公務員時代に人事院勧告について,大学や研究所から詳細な説明を聞いた記憶が無い.非公務員になってからそういう説明を受けるとは,なんとも皮肉なもんだ.

最後に,大学職員の給与水準の低さ(ラスパイレス指数86.6%)から考えると,今年の人勧の0.3%の給与引き下げはしないですよねとの質問に対して,労務担当理事の回答は,「大学職員の給与水準が低いことは問題であると考えている」しかし「(人勧準拠とは)別の問題である」というような回答だった.うーむ,理解不能...

しかし,この説明会は昼休みの時間帯に開催された.「裁量労働制」の教員はともかく,教員以外の職員の,昼休みはどうなったんだろうか?
[PR]
by nobu_san | 2005-10-18 01:02 | 大学問題
<< 北京大学 科研費とマイクロソフトワード... >>