2005年 09月 07日
子どもと教育に関するアンケート
子どもと教育・文化道民の会が,衆院選立候補者にアンケートをした結果を公表しました.

9月4日現在の回答数 38名(53名中),回答率72%とのことです.

アンケートの内容は,
1.教育基本法の改定についての賛否
2.国連子どもの権利委員会の勧告の扱いについて
3.少人数学級を含めた学級定員の基準見直しについて
4.教育予算について
5.義務教育国庫負担制度について
6.私学助成について
7.教育政策全般について
です.

選挙の際に「質問に対する回答を控えさせていただきます」というのはどういう意味なのでしょうか.
[PR]
by nobu_san | 2005-09-07 22:32 | 憲法・平和
<< 権利に倦む? 東北大学の学生寮問題 >>